スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.4.6 ちょうど1年前。

2012年4月6日(金)

 思えば1年前の今日、大阪で約150人の同じ志を持った仲間に出会いました。年齢も経歴も職種も違うけど、自分から進んで「海外で活動しようと」立候補した仲間たち。
  IMGP8208.jpg

 約3か月の訓練期間は、語学の方は努力不足のため思うような結果は出せなかったけど、毎日語り合い、一緒に汗かいて、週末は旅して飲んで語り合った仲間は、人生の大きな財産です。

 ありのままの自分を受け止めてくれる、常に気に留めてくれる、仲間のためなら喜んで動く、そんな仲間たちと生活できたことは最高に幸せでした。自分の人生の中でとても貴重な3か月になりました。

 あれから1年。今でも、活動している国は違えど、素晴らしい仲間に今も支えられていると感じながら今日も活動しています。

DSC01382.jpg IMG_1116.jpg
スポンサーサイト

ラオスはなぜ経済発展しないの?

2012年1月15日(日)

 ラオスってなぜ経済発展しないんだろう。6か月間、見て聞いていろいろと考えてきたけど、自分なりに3つにまとめると次のようになりました。

①教育が徹底されていない。
 学力がとても低いので、国際社会で活躍できる人材が不足しています。割り算や比率などできないので、仕事でも支障をきたします。本も少なく、本を読まないので、社会で生かせる知識が極めて少ないのです。当然、大きな会社の経営は難しいでしょう。

②文化による弊害
 ラオスは農耕社会です。かなりの人が農業に携わっています。農繁期には仕事より田畑の作業優先になります。公務員は週休2日ですが、金曜日はほとんど仕事をしていません。
海外から企業が来ても、ラオス人を雇用するとそれなりのリスクが伴います。ならば、隣の国に工場を建てるでしょう。

③役人の…
 海外の企業がラオスに来ても、残念な結果が待ち受けているらしいです。ラオスで外国人が起業しようとすると、役人にそれなりの…が必要になってきます。だから、貧富の差が激しくなるとか。
 ラオスには高級車を乗り回す人、立派な家をもっている人がいます。この限られた一部の人は、多くが役人です。いろんなところから…あるんでしょうね。

 これに加えて、人口が少ないので、労働者も少なく需要も少ないという点も挙げられます。
 
 と僕は思います。いろいろな人の意見も聞いてみたいものです。

2011_1125_081258-DSC00400.jpg 2011_1022_160744-DSC09708.jpg
 左は県知事の家。サラワンでも2番目に大きな家で、まだまだ建設中です。知事の息子さんの家も大きいんです。元副知事の家も立派です。

バイク~ その1

2011年8月11日(木)
 日本では中学生がバイクに乗っていたら、警察に捕まります。ラオスは…小学生でも乗っています(驚) 先日、先輩と道端で話をしていると、小学生が二人乗りでバイクを運転していました。「あの子たち、不良みたいですよね~。」と話していたら、先日知り合った小学生でした。(決して不良ではありません…) 日本だったら大問題になるところですが… 一度バイクに乗ると、自転車なんて乗れませんよね。だから、自転車が少ないのかもしれません。ちなみに、ラオスでもバイクは18歳からみたいです。

携帯電話優先社会

2011年8月10日(水)
 今日は、職場で会議があったので、部屋の片隅で自主学習。相変わらず、何を話しているかさっぱりわかりません。会議も紛糾する中、「リーン」と会議参加者の携帯が鳴ります。その人は特に問題なく、外にでて電話中。2時間の会議で5回くらいありました。ラオスでは、会議や授業より、携帯が最優先です。ちなみに、携帯電話はラオス人の大人ほぼ全員もっています。すばらしい携帯文化です。
 そういえば、ぼくが首都ビエンチャンで語学学習していたときも、先生は携帯がなるとすぐに出ていました。(さすがに、ぼくらに教えている最中なので、1分もしないうちに切りましたが・・・)お店の人も、お客に対応しながら携帯に出ていました。
 国が違えば、携帯のマナーも違うようです。
携帯電話
 携帯に懐中電灯がついています。停電が多いラオスならではなのかな・・・

体重

2011年8月9日(火)
 僕が学習している机の近くに体重計があります。偶然です。職場の方が時々体重を測りに来ます。そして「わ~、40kgだ~」などと言って去っていきます。ラオスでは女性も平気で体重を公表する人が多いようです。(友達の職場もそのようです。)まぁ、日本人が体重を気にし過ぎなのかもしれません。
 ちなみに、ラオスに来てそろそろ2か月です。活動期間中に女性は体重が増え、男性は体重が減る傾向があるといわれています。ということで、久しぶりに体重に乗ってみました。結果…全く変わっていませんでした… 自分は例外的に太りそうな気配です。だって、カオニャオ(もち米)がおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

カルチャーショック ほじほじ・・・

2011年8月6日(土)
 先日、友達がティッシュを使って鼻をかみました。日本ではよく見る光景ですが、ラオスでは、人前で鼻をかむのはとても恥ずかしいことなんだそうです。ということで、ラオスでは鼻はトイレでかみましょう。ん~、無理無理。じゃあ、ラオス人は鼻水が出そうになったとき、どうするんだ??? どうやら、らおすには「ほじる」という文化があるようです。きれいな姉さんも、ほじほじ… 尊敬する上司も、ほじほじ… らしいです。ん~、この習慣だけは、日本に持ち帰らないようにします。友達が減ってしまします。でも、カルチャーショックですね。やっぱり、日本の常識は世界の常識ではないです。

本当は怖いラオス語

2011年8月5日(金)
 昨日の酒盛りの話の中で、ラオス語の発音の話題になりました。ラオス語は声調で意味が変わります。日本語でいうと「橋」と「箸」のような紛らわしい声調がたくさんあるのです。ラオスでは「わたし」という単語を「コイ」と言います。しかし、この「コイ」、ちょっと声調を間違えると、卑猥な意味に変身してしまうのです。英語の「I am」の「I」のようにたくさん使う「コイ」ですが、危うく下手な発音をしてしまうと、女性から笑われます。初対面の人に自己紹介をするとき、「わたしは~」と話しますが、これ、声調を間違えると大変です。初対面の人にいきなり卑猥用語で始まっては、相手は爆笑か苦笑か無表情か… はたまた、逃げていくか…
幸いにして、自分は発音が下手ですが、この「コイ」だけは、うまく発音できていると思います。こんなことがあると、郡教育局で勤務終了後もおしえてくれるサイサモン先生には感謝です。

おいしいメロン

2011年8月3日(水)
 メロン…日本では高いですよね。ラオスでは100円らしいです。(ぼくの聴力ではそう聞こえました。)職場友達のブンレミーが職場で一切れぼくにくれました。甘くておいし~。
そして、「こいつもおいしいんだぜ」と「不適な笑み」を浮かべて、もうひとつくれました。 ん~、甘くありませんでした。だまされました(笑)だんだん、職場にも打ち解けてきました。
 ちなみに、小さいリンゴは1個20円、たまご1個10円、500mlの水20円、高級品のドリアンは1個250円といった値段です。今の時期は、ライチ、マンゴスチン、龍眼をよく食べています。果物のおいしい国ラオスです。
マークテーン

「こ」「こ」「こ」

2011年8月2日(火) 「こ」「こ」「こ」
 郡教育局には30人ほど勤務しているようですが、ぼくが自主勉強している場所は、普段はみんなの談話室でもあるので、よく声をかけてくれます。そして、ぼくの勉強を見てくれます。今は小学校1年生の算数教科書を訳しているので、子ども扱いされています(笑)
 今日は、発音を教えてくれました。ラオス語の子音に「こー」「こ~」「こー」という子音があります。日本語で書くと3つとも同じなのですが、ラオス語では息のはき方や音の高さで使い分けます。これがとても難しく、僕には難解です。ということで、勝手にレッスンが夕方に始まりました。最初は2人の人が教えてくれました。「こ」「こ」「こ」何度やってもできず、違う人が「それなら俺が」といった感じで、教えてくれました。そうこうしているうちに8人のラオス人が教えてくれました。それでもできません(泣)ラオス人に笑われ、「こ」「こ」「こ」と発音すること30分。大御所登場。年配の先生が重い腰を上げて僕に近づいてきました。そして、ほおをにぎられて、「こ」「こ」「こ」の発音練習。顔は真剣そのもので、僕は半分笑い、半分くたくたの中、「こ」を叫んでいました。結局「こ」の練習は合計80分続きました。人生でこんな短時間に「こ」を言うのはもうないでしょう。
ぼくの一番嫌いなひらがなは「こ」に決定しました。いつもは4時過ぎに帰宅するのに、この日は5時30分でした。でも、教えてくれたラオス人には感謝です。こんな成長の成果が見えないつまらないレッスンに付き合ってくれて感謝です。明日もあるのか…心配です…が、がんばります。

日本のアニメ

2011年8月1日(月)
 土曜日にTVをつけるとタイ語で「スラムダンク」が放送されていました。「牧」しか聞き取れませんでしたが(笑)ラオスでもタイ放送は見えるので、確実に日本のアニメが浸透してきています。ラオス人がよく知っているアニメは、ドラえもん・くれよんしんちゃん、一休さん、といったところです。ナルトやワンピースも放送しているようです。
スラムダンク
 ついでに・・・ 大河ドラマ も放送されています。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。