スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母子保健 

2012年7月5日(木)

 カムワン県ではISAPHというNPO法人の活動紹介も聞くことができました。ISAPHとは、協調と支援による保健医療の向上を目ざすNPO法人ということで、要するに住民と協力しながら健康な生活を支援していく団体ということですね。

 ラオスでは母子保健プロジェクトを進めているということでした。ラオスでは乳児死亡率が高い地域があります。この死亡率を高めている原因の一つは「村の言い伝えや伝承」です。
 多くの母親は村で赤ちゃんを産みますが、生まれた赤ちゃんに初乳は飲ませてはいけません。そのため赤ちゃんに栄養不足が生じてきます。また、産んだ後の母親も暑い部屋で厳しい食事制限を受け、死に至ることもあります。出産する場所も決められている村もあり衛生的にも問題があるようです。

 こうした中で、ミルクの配布や母子保健教育を進めるなどの活動を進めているとのことでした。

 貧しさに加えて「村の言い伝え、伝承」という問題も抱えているラオス。科学技術国日本では考えられないことも普通に行われています。しかし、村の伝統を守りながら、改善を進めていくのはなかなか苦労があると思います。

 自分の活動も、これまでのラオス教育を改善していくことですが、これまでのやり方をどう理解して、先生方にどう納得してもらうかという問題でもあり似ている点も多くあります。

 医療という違う現場の話でしたが、大変参考になりました。
スポンサーサイト

カムワン県病院 

2012年7月4日(水)

 カムワン県の病院見学に行きました。県病院とあってラオスの中では施設は充実している方です。フランスの支援もありますが、やっぱり後発後進国ラオス。設備面と同時に人材教育にも時間がかかりそうです。

 病院関係の知識は0なので、写真でラオスの県病院の様子をご覧ください。

IMG_2484.jpg
救急車 

IMG_2496.jpg IMG_2499.jpg
脳の検査機器 に エコー

IMG_2524.jpg
 病室のベット

IMG_2531.jpg  IMG_2525.jpg
赤ちゃん と 待合室にいた犬

IMG_2533.jpg
重篤患者の部屋

 この他にも、「お坊さん専用の病棟があり、女性は入れない。」なんてことも教えてもらえました。

 比の計算ができない看護師も多く、患者の毎日の検査も適当、ラオスの教育の向上が病院の質の向上にもつながると分かりました。

カムワン県 洞窟めぐり 9

2012年2月3日(金)

 洞窟探検最後5つ目は「パ洞窟」(仏陀洞窟)です。この洞窟は名前の通り仏教に関係する洞窟でした。知名度の高い洞窟です。

 この洞窟は入口が地上から5mほどの高さにあるため、近年発見されたようで、発見当時に洞窟の中にいくつかの仏像があったそうな。現在は階段が設置されています。

 それにしても入口が狭い、狭い。しゃがんで入ることに。ちなみに女性はシン(ラオスのスカート)でないと入れないとか。中に入ると、青いライトに照らされたいくつかの仏像が。そして、参拝客と管理人。騒いだらNG,大変おごそかな雰囲気でした。仏像は見るだけなので、人間が入れるのは教室くらいの広さ。そして、カメラ撮影不可。信者の方なら、ありがたい洞窟かもしれません。
 ということで、おすすめ度★★
2012_0128_141740-DSC01709.jpg 2012_0128_141755-DSC01710.jpg
 きっと雨季のときは、ここまでたどり着けないのではないかと思います。入り口で写真を撮りました。これ以上先では写真撮れません。入り口で頭を打つ人何人かいました。

 5つの洞窟を見終わり、あとはタケークへ戻るだけ。楽しかった洞窟めぐりですが… ついに来ました、最もスおそれていることが、それは、「車(ツゥクツゥク)の故障!」あ~、ついに自分にも来てしまった最悪の事態。走っている最中スピードダウン、そして、ここは土道のまわりに民家もない自然豊かな場所。あ~、ここで何時間過ごすのだろう…と途方に暮れる… ひたすら待つ、待つ、待つ。耐えられるかこの時間。

 ですが、運転手は「想定の範囲内」だったようで、修理道具を出してかれこれ20分ほど、部品を取り換え作業は20分で終了してエンジンが再びかかりました。地獄の手前で助けられた思いでした。
                2012_0128_143916-DSC01714.jpg
 もしものための「修理道具とスペア部品」は必需品です。

 これで、洞窟めぐりは無事終了。探検・発見・冒険をした1日になりました。カムワン県観光も終了。日本ではなかなかできない体験ができてよかったです。

カムワン県 洞窟めぐり 8

2012年2月2日(木)

 洞窟探検3つめは「エン洞窟」。ちなみにこの「エン」とはこの洞窟に住んでいた鳥の種類らしいです。ここは有名な洞窟で、県庁所在地タケークからも近いので、観光客でにぎわっています。この日は、タイ人が5台のバスに乗って観光に来ていました。

 この洞窟は施設入場料が200円と高く、洞窟に入るにもお金をとられました(ボート代500円)。さすが、観光施設。お金を取る分、ライトアップに力を入れていました。
2012_0128_104346-DSC01675.jpg


 洞窟探検は、ボートコースと徒歩コースがあります。まずはボートで探検。今回は手漕ぎボートで若い(10代だと思われる少年)少年が船頭をしてくれます。

 真っ暗の中を船頭さんがひたすらオールを漕いで進みます。ヘッドライトだけの明かりでオールの漕ぐ音だけが聞こえる世界。神秘的だなぁ、と思ったら…
2012_0128_124242-DSC01701.jpg 2012_0128_110455-DSC01682.jpg
 左が入り口の写真。観光地化されています。右写真が実際に乗ったボート。ボートは3台しかなくて、大人数では探検することができないと思います。徒歩コースで十分という人が多いのでしょうね。

 岩にサソリみたいな虫発見!そして、ボートを一度陸に持ち上げて再び入船したと思ったら、船の中にクモ発見!なんとも、おっかない探検でした。

 奥地までくると歩くことができます。ここも険しい道を登り降りしました。そして、見つけたものは、鍾乳石。なんと触りたい放題です。さすが、ラオス。日本ではありえない。

そして、もう一つ、見たもの、それはダイヤモンド鉱石。(と、少年が言っていました。)ある場所にだけ、岩の中にキラキラと光る小さな粒があります。これは、感動的、神秘的。ここは、パワースポットです。
2012.1.18-29 466 2012_0128_113439-DSC01688.jpg
 触りたい放題、持ち帰りし放題。(ダイヤモンド鉱石は削れませんので持ち帰れませんが。)右写真が、少年の言う、ダイヤモンド鉱石らしい。

 多くの観光客は徒歩コースを行きますが、体力のある方は是非、ボートコースへ行くといいでしょう。
おすすめ度 ★★★★

 4つ目の洞窟は「パイン洞窟」。ここは…洞窟の中のお寺。ただ、少し探検してみると、アンモナイト化石や光る鉱石が!ガイドさんがいないのでよくわかりません。大きくはありませんが、探検してみるといろいろと出てきそうです。ということで、おすすめ度★★★。
2012.1.18-29 477 2012_0128_131505-DSC01703.jpg
 パイン洞窟は入り口で、ヤンキー座りしたなんとも感じの悪い仏像が出迎えてくれます。右写真の赤丸がアンモナイトの化石、青マルはキラキラと光る鉱物…なんだろう…

カムワン県 洞窟めぐり 7

2012年2月1日(水)

 今日から新学期。ブログ記事はカムワン県洞窟めぐりですが、しっかり学校に行っているので心配なく(笑)。

 さて、カムワン県は「コンロー洞窟」だけでなく、いくつ洞窟があります。そこでツゥクツゥク(オート三輪のタクシー)を1日3000円で貸し切って、5つの洞窟を探検してきました。朝7時30分ゲストハウスを出発! あっ、今日も朝は寒い。

 1つめの洞窟は「サン洞窟」 タケークの中心地から30分程。この洞窟はお寺を洞窟につくったようでした。少し階段を登るとカラフルな旗に大きな仏像。神聖な場所ということで、洞窟の中は裸足、でもコウモリのフンがたくさん落ちてる… 

 後ろを振り返ると、田舎の風景が洞窟から見られます。おすすめ度 ★★
IMG_1083.jpg IMG_1084.jpg
 1つめの洞窟「サン洞窟」夜来ると、ちょっと怖そうな雰囲気。いちよ入場料30円でしたが、朝ということで、徴収されず。

 2つ目の洞窟は「シアンリアン洞窟」友達いわく「音が遊ぶ」という意味じゃないかと。
で、運転手が「あそこだよ!」と指差したのは畑の奥にある林。なにもないじゃん!と思ったら、「林を抜けたところ」だって!

 ここ、観光地化されていない地元の人しか行かないような洞窟。当然、僕ら意外だれもいません。けもの道をひたすら歩く。ちょっと心配しながらも歩く。

 見えてきたのはまさしく洞窟。この洞窟、歩道が整備されていないから、岩を登る、飛び乗る、飛び降りるの過酷なコース。
2012.1.18-29 444 2012_0128_084944-DSC01652.jpg
 この洞窟は観光地にするほど大きくもなく、でもなんかきれいでいい感じです。雨季は行けない洞窟。1人では、心配で行けないと思います。

 入口から出口は見えるので安心はできる。出口はジャングルみたいな美しい景色。きれいな水と緑。苦労して行く価値はある…かも。ちょっと勇気と度胸が必要ですが。
2012_0128_091141-DSC01661.jpg 2012.1.18-29 449
 岩を登ります。少々危険なところもありますので、覚悟をしてこないといけません。

 ちなみに出口をさらに進むと、ゲストハウスがあるとか。(違う道から行けるようです。)おすすめ度 ★★★ 無事戻れたときは、ほっとしました。
2012_0128_091401-DSC01662.jpg 2012_0128_100440-DSC01668.jpg
 

カムワン県 洞窟めぐり 6

2012年1月31日(火)

 カムワン県の県庁所在地タケーク。これから発展するであろうこの町ですが、他の町と比べて、ゴミが多い、建物が古い、交通規則が守られていない と残念なところがよく目にとまります。

 そんな中でであった、なんともすばらしい少女がいます。この子はレストラン(いや食堂かな)で働く中学生。僕たちがメニューと注文すると笑顔で対応し、おすすめの品を英語で説明してくれます。食事を持ってきたら、笑顔で皿に取り分けてくれ、次のお客さんにも迅速に対応。ラオスではこんな接客態度見たことありません。この子、次の日の朝もテーブル周辺を一人で掃除。ラオス人が机を丁寧に拭くなんて驚きでした。
2012_0127_192849-DSC01643.jpg 2012_0127_193119-DSC01646.jpg
 ラオスの中部・南部の都市はメコン川沿いに机とテーブルを置いたレストランがよくあります。タケークは小規模ですが、ここがそう。右写真の奥の夜景がタイ「ナコムパノム」。

 一般的なラオス人の接客は「笑顔がなくて 気が利かない。」最悪の場合は、商品を指さして「もってけ」って感じ、おつりのお札を投げて渡したり、めんどくさそうに接客したりと、いかに日本人の接客態度がすばらしいか思い知らされます。

 そんな中で出会った中学生。西洋人とよく接する中で、いかに笑顔とまごころが大切か、接客を繰り返す中で気づいたんでしょうね。いい子に出会えてよかったです。
2012_0127_175908-DSC01636.jpg 2012.1.18-29 404
 メコン川と対岸はタイ「ナコムパノム」。右写真は、タケークで一番おしゃれと思われるレストラン。橋の開通にともなって、こんな店が増えていくと思います。

カムワン県 洞窟めぐり 5

2012年1月30日(月)

 コンロー洞窟近くの村で1泊して、カムワン県の県庁所在地タケークへ向かいます。帰りも、ガタガタとドイサンに揺られること5時間。

 最初のドイサンには、豚さんと一緒。今度は写真の通り。途中で、豚さんがおしっこを垂れ流し。目と目があって、なんとも悲しくなりました。これが現実なんだ。ラオス人はあっけらかんとしていますがね。
2012.1.18-29 396
 ブタは手足を棒に縛られています。車内には袋の中に入った鶏もいました。

 そして、次のドイサンは、乗客も少なくて快適。運転席を見ると、あ~、このドイサンもそうでした。時速0km。ラオスに車検制度ができたら、ほとんどの車が走れなくなるでしょう。
2012_0127_131950-DSC01625.jpg

 自分はまだ遭遇していませんが、バスやドイサンの故障はよくあるようで、そのため、乗客が1時間、2時間平気で待たされることがあります。故障車にだけは乗りたくないものです。せっかくの旅も台無しになってしまいますから…

カムワン県 洞窟めぐり 4

2012年1月29日(日)

 コンロー洞窟。いよいよボートで探検。乾季とあって水深が浅く、ところどころボートを降りてボートを引っ張っていくこともあります。サンダル・裸足が基本。

 頭にはヘッドライト。見どころ以外にライトはついていないので、ヘッドライトだけが頼りです。真っ暗の中をひたすらボートで走る。

 そして、第一目的地、ライトアップされた鍾乳石群に到着。ここはボートを降りて歩きます。ボートだけ先回り。ライトの量とライトアップの仕方はもう一工夫必要ですが、秋吉台レベル(より下(笑))。でも、すばらしい!観光客が少ないので、自由気ままに歩けます。コンロー洞窟、もっと工夫すれば、有名な観光スポットにできるのですがね。
2012_0126_161003-DSC01598.jpg 2012.1.18-29 314
 ご覧の通り真っ暗… 涼しく気持ちがいいけど、真っ暗。ヘッドライトで見たいところにスポットを当てます。
そして、たどり着いた鍾乳石群。

2012.1.18-29 317 2012.1.18-29 325
 かなり広い洞窟です。ほどほどに歩き、大半はボート。体力は必要ありません。

 さて、ボートに乗って暗闇を進むこと、20分。鳥目の自分もなんとか暗闇に慣れてきたところ、前方に光が。出口に到着です。出口を抜けると…大自然が出迎えてくれます。この一瞬が感動的~。「来てよかった~。」と思える瞬間です。人の手が入っていない自然そのもの。ここにも絶景がありました。
2012.1.18-29 339 2012.1.18-29 349
 暗闇を抜ければそこは大自然。

 となると、ゴールはどんなとこなんだろうか。出口から5分程で岸辺に到着。そこは…ただ売店が3つあるだけ。特に… あれっ、「桃源郷は?」「お土産は?」「きれいな喫茶店は?」と呆然。ゴール地点はいつものラオスでした。ここでもう一工夫欲しいんだけど…

 帰りは来た道をひたすらボートで戻ります。

 ラオスらしい大自然の風景と洞窟、そしてラオスらしい観光設備。またラオスらしい思い出ができました。

カムワン県 洞窟めぐり 3

2012年1月28日(土)

 いよいよ今回の旅の目的地「コンロー洞窟」へ。とにかく遠いので、観光客が少なく、僕たちが行ったときは西欧人の観光客は20人くらいしかいませんでした。

 コンロー洞窟の入り口には小さな池があります。この池がこれまた透明度抜群!深緑色の池は、シーパンドンを思い出します。魚が泳いでいるのも見えて、現地の子どもはここで川遊びをしていました。岸辺では大人がビアラオ(ラオスビール)で宴会中。さらに、西欧人がお昼寝タイム。自由でゆったりした時間が流れていました。次の日の朝、もう一度遊びに来てしまいました。
2012.1.18-29 286
 ラオスの絶景ベスト10に入る景色です。
2012.1.18-29 370
 ここでゆっくり読書もいいなと。そして、ベンチの横でお昼寝タイムの西洋人のおじさんがいました。
2012.1.18-29 288

 素晴らしい景色を見て「来てよかった~!」と一言。そしたら友達が「車の中では「もう2度と来ない」」って言ってたよ。」とつっこまれてしましました。

 さて、いよいよ洞窟へ。全長7.5kmをエンジンボートと徒歩で探検します。ちなみに1人550円。探検時間は約3時間かかるので、お得なのかな。
2012.1.18-29 303 2012.1.18-29 308
 洞窟を少し歩くと、ボートが待っています。船頭さんの案内で洞窟探検はじまりです。

カムワン県 洞窟めぐり 2

2012年1月27日(金)

 カムワン県にはラオス最大規模の天然洞窟、「コンロー洞窟」がある。このコンロー洞窟はかなり山奥にあり、旅行会社に頼んでドライバー付の車1台1万円で行くというのがメジャーらしい。

 高い!ということで、バスでコンロー洞窟へ向かうことに。これが…超大変。まずはバスと言っても、ドイサンです。慣れない体の向き、でこぼこ道で揺れる車内。

 そして、とにかく寒い。朝7時30分出発、南部では半袖でちょっと寒いくらいなのに、タケークの朝は半袖無理~。なのに、僕たち半袖、そして容赦なく吹き込む冷たい風。この国は年中暑いわけではありません。ということをやっと実感しました。

 最後に3つの山越え。久しぶりの車酔い。前が見えないのでどっちへ曲がるかわからず、そして慣れない姿勢。三半規管はパンク状態。

 乗り換えもして、コンロー洞窟には13時ごろ到着。とにかく遠い、辛い、疲れる時間でした。
2012.1.18-29 254 2012.1.18-29 383
 このドイサンでもイスラエル人と英語で会話… 寒い・気持ち悪い・わからない とにかく到着を待ちわびていました。後半は、平坦な道路。ナヒンという町を過ぎると、素晴らしい田舎の景色が待っています。

 そうは言っても、コンロー洞窟が近づくにつれて、ラオス南部には見られない美しい景色が見られました。中国桂林を思わせるようなそびえ立つ山々、そして、牧歌的な農村風景。やっぱり来てよかった~と思わせる景色でした。
2012.1.18-29 394

 2012.1.18-29 271 2012_0127_070113-DSC01609.jpg
 コンロー洞窟1km手前の村の風景。このあたりはタバコの生産地で、写真の葉はタバコの葉です。空気も新鮮で、夜空には星がとてもきれいに見えました。

2012.1.18-29 393 2012.1.18-29 385
 村の子どもたち。西洋人の観光地なので、大人の人は英語を話せる人も多くいます。まわりの村と比べると、すこし裕福にも感じました。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。