fc2ブログ

我が家でランチ 

2012年11月30日(金)

 1か月前の話になってしまいますが(汗) 我が家でランチ。サラワンで活動する仲間と友達のラオス人、そして、日本人の専門家の方としました。へんぴな片田舎に ようこそ専門家の方~。ということで開催です。

 料理は友人にまかせ、わたくしはテラスを提供ということで・・・ 

我が家でランチ1 我が家でランチ1
 ほぼほぼ日本式バーベキューですね。こんなところでも、こんなことができるなんて。世界は狭いのかもしれません。

我が家でランチ1

 料理(とりわけ日本料理)ができるというのは、海外ではコミュニケーションの大きな武器になります。「ちょっと日本料理食べていく?」なんて現地の方と交流できるわけです。現地の言葉が話せることと同様に、料理ができること、楽器がひけること、スポーツができること、パソコンができること、絵が上手いこと・・・ やはり、好きなことに打ち込んだことは、どこかで役に立つのでしょうね。
 
 と、仲間が料理する姿をみて思いました。ん~ 自分は何を極めようか・・・
スポンサーサイト



簡易椅子

2012年11月29日(木)

 ラオスでの生活も1年半、最初のころは小さなことに驚きや感動していたのに、めっきり違うことにも慣れてしまい新しい発見が少なくなってきてしまいました。
 久しぶりに あ~ラオスなんだな と 思ったこと。それは 下の写真の通り。
簡易椅子2 簡易椅子1
 プラスチック製の簡易椅子がよく使われているということ。多くの色のバリエーションがあります。よく見るのは青のような気がします。このプラスチック椅子はラオス全土でよくみられるようです。ちなみに右側は、結婚式前の様子です。

 もちろん、家や屋内の施設は木製の椅子が多く、野外で使用するものですが、あまり日本では見られないですかね・・・
きっと、日本でプラスチック椅子を見かけたら、懐かしいなと思うのだろうなと。

Visit Salavan ~夜の部です~

2012年11月28日(水)

 4月9日~11日に開催された Visit Salavan。さてさて、行っていないのに 夜の部。広場で大食事会と夜のステージがあったようです。

Visit Salavan night1 Visit Salavan night2
 ビュッフェ形式でラオス料理が並んでいます。ラオス料理は、緑と茶色のものがとても多い、見た目はいまいち・・・ 味は
いろいろとバリエーションがあるので、自分にあったものを選べるようになってきましたが、魚醤ベース、パクチー盛りだくさん、
野菜の渋み満載、辛いよ辛い といったものが多いので、ちょっと苦労しています。

Visit Salavan night3 Visit Salavan night4
 暑い時期なので(と言っても年中暑いのですが・・・)野外は最適かもしれません。首都、ビエンチャンにはかなり負けますが、
人いっぱいです。32万地方県ですから。


Visit Salavan night5 Visit Salavan night6
 ミス・サラワンでも決めてたのでしょうかね。ラオスには美人が多いとはよく言われますが、スタイルがいい方はたくさんいると改めて実感です。

Visit Salavan ~地方物産展~

2012年11月27日(火)

 4月9日~11日に開催された Visit Salavan では、地域物産展が開かれていました。サラワンの8つの郡ごとにお店を出していたようです。これはこれは貴重なことで、行ってみたかった(ため息)。

Visit Salavan 物産1 Visit Salavan 物産2
 ラオガム郡のコーナーには コーヒーが並んでいました。ん~、飲んでみたかった。買いたかった~。
途上国の田舎らしくないパッケージですね。他の郡では、木製品、竹細工、ココナッツ、お酒などが売られていました。


Visit Salavan 物産3 Visit Salavan 物産4
 サラワン郡には衣装が並んでいました。どこの郡でも、民族色の出ている布が売られていました。生地や模様・縫い方、色にそれぞれ特徴があります。

Visit Salavan 物産5 Visit Salavan 物産6
 この広場で、パレードと物産展が開かれていたようです。

 
 ワピ郡やサムアイ郡、ツムラン郡なんて なかなか行けない(行かない)ので、どんな産業がさかんなのか、この目で見られる機会だったようです。

Visit Salavan ~パレードだよ~

2012年11月26日(月)

 今回の話は、2012年4月9日~11日の話です。ラオスの4月は一年で一番暑い時期です。タイやラオスでは水かけ祭りといって
通り行く人たちに水を掛け合うなんとも はしゃぎまくる時期です。そして、ピーマイラオ(ラオス正月)の時期でもあります。
ということで、学校もお休み、お祭り気分を味わえる時期であります。

 ということだったんですが、この時期を使って 自分はラオスを飛び出してマレーシア旅行中でありました。そんな中で、サラワン
に住む友達がサラワンで起きた「Visit Salavan」のお祭りに参加して、写真を撮って見せてくれました。

VISIT SARAWAN6 VISIT SARAWAN5
 サラワン県庁の中心地には大きな広場があり、そこでサラワン県中の8つの郡の人たちが民族衣装を着て集まります。
そして 民族パレードが始まります。軍や子ども巻き込み、サラワン一大祭りといった感じです。こんな田舎でもこんな設備が
整うなんて・・・ちょっとびっくり。


VISIT SARAWAN2 VISIT SARAWAN1
各民族が民族衣装を着て踊りを披露します。自分が見たことない民族衣装も。見たかった~、そして民族衣装着てみたかった。

VISIT SARAWAN4 VISIT SARAWAN3
 地元の特産を披露しながらパレードです。コンセドン郡は焼き鳥とバナナを使ったお酒をもってますね。こんな感じで次々と
パレード車が続いていくようです。他の郡では、バナナ、コーヒー、スイカ、花・・・ それぞれの郡の特徴が見られて、1年以上
住んでいると、各郡の位置も分かっているので、興味深く見られそうです。


 TVカメラも来ていたようで、ピーマイラオの一大イベントだと改めて実感。どこの国、どこの田舎でもお祭りはあるもので、ワクワクするもんです。

サラワン県について

2012年11月25日(日)

 愛すべき県と言えるようになってきた 「サラワン県」 人口約32万人の田舎県と言われますが、8つの群があり、今回は地図で確認。

         サラワン地図1
 左からラコンペン郡、コンセドン郡、ワピ郡、ラオガム郡、ツムラン郡、サラワン郡、タオイ郡、サモアイ郡 の8つ 
 
 そこに11の民族(だと思う)が住んでいる。 ラオ族、カタン族、パコ族、カドゥ族、タオイ族、スワイ族、プタイ族、ラウエン族、イン族、トン族、ンゲ族。それぞれに文化があり、衣装もあり、言葉もあります。学校の教科書はラオス語、ラオ族が一番多いという状況なので、少数民族には少数民族の苦労もあると思います。 一体 自分が何族に会ったことがあるのか よく分かりませんが、一つの県に多民族が暮らしているって、よ~く考えるとすごいことだと思います。

 

 

夕方の電話

2012年11月24日(土)

 学校が終わるのが16時ごろ、その後、市場に買い物に行ったり、夕食でも作ろうかなとする17時ごろに、決まって電話がなります。この電話、ドキドキするんだよね。だって、出たら、ラオス語が聞こえてくるわけ、「ひゃ~ 分からないよ、理解できません」と言っても、相手の反応が見えないので、伝わっているのか困る困る(汗)

 そんな中で、最近 よく電話がかかってくるのさ。「ピピピッ」とね。もうドキドキして出たら、ラオスの友達から「マラソンしよう」というお誘い。素直に嬉しいよね。電話を出る前の恐怖から解放もされてね。

 ということで、家の裏の飛行場跡をかる~く走ります。というより、歩きます。ゆる~い運動、大切かもしれませんね。自分はもっぱら、球技をしたいわけですが、ここでできるのはやっぱりマラソンかなぁ。

 そして、英語が話せるラオス人なので、英会話練習。なんだけど、ロシア式なのか、ちょっと発音違うんだよね。困った困った。
 
 夕方の電話1 夕方の電話2
 ラオスの友人と走っている 飛行場跡地。幅も広いし車も来ないし安全です(まわりには水牛や犬が散歩していますが・・・)

 そうそう、以前あった電話が、航空会社からで、「〇日に予約した飛行機は〇日に変更です」といったもの。これは、ほんとしっかり聞き取っておかないと焦ります。幸いにして 事前にメールももらっていたのと、片言の英語でもOKだったので、難を乗り切りましたが、やっぱり、電話の音が鳴ると不安に駆られます。

 って、もう1年半もいるのに・・・ あと4か月もいないのに・・・

パソコンとプリンター使用開始

2012年11月23日(金)

 いよいよ パソコンとプリンターが学校で使われるようになりました。最初は 先生方も初めてなので説明説明。ちょっとわくわくしますよね。こっちも 果たして プリントアウトできるのか ちょっとドキドキ。ナレック小の新たな1ページ と勝手に興奮しています。

 プリンターが 「ウィーン カチカチ シュー」と滑らかに動き プリントアウト~。新たな1ページ。いや~ 決して自分の力ではありませんが、これまで協力していただいた NPO法人の方・JICA・県と郡の教育委員会にも感謝・感謝。
  
 使用開始1
 早速先生もチャレンジ、1か月以上 勉強した甲斐がありましたね。ん~これで先生方の力も発揮できるでしょう。 

 ちょっとしたきっかけで パソコンを寄贈してもらえることとなり、あれよあれよと 進んだコンピュータ計画。正直「算数指導」よりも
やり易かったです。それは、目に見えて 進歩しているのが先生方にも分かるから。ただ、パソコンの普及を算数学力の向上につながる可能性も大いにありますし、可能です。残りの活動期間は「パソコンと算数」を関連させて進めていこうと思います。

 学校に、いろいろ欲しくなりますね・・・ デジカメ、USB、はたまたコピー機(夢のような話・・・) こうやって 物が充実していくのはいいのですが、物の充実がこの活動のメインでもないのです。

 原点は「子どもたちが算数を理解すること 先生方がよりよい算数指導を身に着けること」 忘れずに活動していこうと思います。

電気回路の修理

2012年11月22日(木)

 職員室でパソコンとプリンターを使用するために、持参の延長コードを寄付しました。そして、もう一つ、電気回路の修理が必要になりました。ん~、この職員室ではショートしてしまうのか・・・ 職員室は極めて質素な造りで高価なものは何もありません。

 平和でのどかなこの田舎町ですが、平日夜や休日はだれもいなくなる学校、泥棒が入ることもあるので、余分なものは置いていけません。(1年前には 泥棒入られたし、すぐ隣は市場で人がたくさんいます)

 ということで、電気も必要最低限ということでしょうかね。

電気回路修理1 電気回路修理2
 こっちが 修理前のもの                 修理中

 郡の教育局から 修理屋さんが来てくれました。そうそう、この方は 駐輪場の屋根も作ってたなぁ・・・何でも屋ですね。

 さてさて、これで 職員室でパソコンとプリンターが使えるようになりました。

プリンターが購入できました!

2012年11月21日(水)

 先生方のパソコン講習も少しずつ進んでいます。最近は、若い英語担当の先生が、ベテランの先生方に教えるのが定着して、ほとんど自分の出番はありません(笑)。

 さてさて、また一歩活動が進みました。JICAの支援金で学校にプリンターを購入することができました。
プリンター1
 文房具屋でCanon のプリンターを購入。本当にCanon かは分かりませんが・・・しっかりと使えます。

 職員室(といっても8畳くらいかなぁ)の入口にある机に置いてみましたパソコンとプリンターイイ感じです。
 ん~、これで、先生方が パソコンの便利さを感じるようになるだろう。と期待しています。
 
 ただ、プリンターを購入しましたが、インクカートリッジ、紙代といった必要なものの購入や、故障したときの修理費などの維持費が生じてきます。なかなかここが、ケアできないのが 課題です。
 
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者 2020.8.14~
ブログ内写真
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR