スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不発弾処理のNGO団体

2011年9月16日(金)
 今日は午後から不発弾を処理するNGO団体を訪問しました。サラワン県は、ベトナム戦争でラオスの中でもかなりの爆弾を落とされた場所です。そのため、サラワン県にはまだ不発弾がたくさん残っているということで、現在UXOという団体が不発弾処理を行っています。現在124名のスタッフが働いています。写真のようなテニスボールくらいの不発弾がこのサラワンで1年間に3500個、そして大きいものは70個も発見されるということでした。実際に不発弾を触ってみました。小さい不発弾は、本当は緑色をしているので、森の中では簡単には見つけにくいとのこと、大きい不発弾は一人では持つのが重く、5,6人で運ぶこともあるとわかりました。
ある村では畑づくりをしていたときにこの不発弾が爆発して亡くなったそうです。最近では、日本企業がサラワンに会社を立てるということで、その場所の不発弾を処理しているということでした。日本とかかわりのないと思っていた不発弾、意外にもかかわりがあるようです。
UXO1.jpg UXO2.jpg
↑ これがボンビーといって小さな爆弾です。     ↑こっちは大きなボンビー 一人では持ち上がりません

 帰りにUXOのパンフレットをもらってきました。ラオス語で書いてあるのでさっぱりわかりませんが、勉強して理解を深めようと思います。また新しいことがわかったら、ここに書き込もうと思います。
 ちなみに不発弾処理をしている団体のホームページはこれ、http://www.uxolao.gov.la/ 英語で書いてあるので翻訳しないとわからないかも・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。