スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月18日(日)
 久しぶりにサラワンの町をぶらぶらと歩いてみました。そしたら、「ア~チャ~ン!」ってよく声をかけられます。ラオス語で「先生」という意味です。今は全クラスの算数を見ているので、400人の子どもたちに顔が知れ渡っているのです。これは悪いことできないです。(悪いことしないけど)それにしても、サラワンの子たちは人懐っこい!今度から外出するときは、メガネとかつらでもかぶっていこうかな…
 もう一つ、今日は犬の話。ラオスでは人間と同様に市民権を得ているが野良犬です。道でも学校でも普通に歩いてたり寝そべったりしています。毎日えさを求めてうろうろ、時には犬同士で追いかけっこをしています。でも暑いから、長くは続かないんだよなあ。キンケオ先生は毎日子犬を学校に連れてきて子どもが面倒を見ています。平和ですね。田舎町サラワンの犬は恥ずかしがり屋で人間を襲うことはありません。写真を撮ろうとすると、おびえて逃げていきます。一方、首都ビエンチャンの犬は凶暴化していて、とにかくよく吠えます。なんでこんなに違うんだろう。ちなみに、ラオスではまだ狂犬病が存在するので、犬には触れません。犬にとっては日本よりラオスの方が住みやすいのかもしれません。
犬1 犬2
↑ 学校に来る犬。僕のオフィスにも顔を出します。 ↑市場でうろつく犬。おとがめなしです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

タイとよく似てますね。

タイ語でも先生はアチャーンです。他にクルウなんて言い方もあります。犬の状態もそっくりです。観光地でもごく普通にアスファルトで寝そべっています。タイの通貨バーツも一部では流通しているようですね。陸続きの国ということで、文化面でも似ているところが多いのかも知れません。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。