スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年生の実態

2011年9月19日(月)
 月曜日は1年生の授業に入ります。さてさて、1年生、じっくり見るのは今日が初めて。ちょっと楽しみでした。2時間続き(90分)算数でした。最初に先生が、黒板に「9月19日 月曜日 算数 右 左 前 後」と書いて5分程説明、その後、子どもたちは黒板を写します。どれくらい時間がかかるかな~ と思いながら、子どものノートをチェック!
自分「書きなよ」 1年生「書けないんだ」半分の子がそう答えます。「書けない」というのは、字がわからないということ!わかりやすく言うと、「あいうえお」は読めても書けないということです。ということで、ぼくがノートにうすく書いて、子どもはなぞります…
って、時間かかるし! で、さらになぞるのも、できない子がいます!!! なぜって、考えました。①本を読まないので、今まで字を見る機会がほとんどなかった。②1年生の中には5歳児がいます。無理です…(1年早く学校に入れて勉強させたい親がいます) ③やる気なし 結局ほぼ全員がかけたところで算数終了! 90分間で黒板の字を書くだけ・・・これだけしか進まないこの現状… 1年生は問題が山づみです。どうしましょうか・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。