スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サワンナケートへ9時間バスの旅

2011年9月30日(金)
 今日から1週間ほど270km離れたサワンナケートへ出張です。日本で出張のときは、新幹線や飛行機に乗る楽しみがありましたが、ここラオスではバスで移動です。9時間のバスの旅、でこぼこの一般道を延々と走ります。しかもこのバス、日本では走ってはいないだろう「おんぼろバス」です。
サワン1日目 サワン1日目2
↑比較的シートはきれいでした。ラオスのバスは韓国で使われていたバスが多いと感じます。リクライニングが壊れたシートや床が剥がれ落ちたバスもあります。
 ラオスのバスは、バス路線ならどこでも乗れる、降りれる、荷物の配達もするいうことで、本当によく止まります。運転手もお客が道にいないかと探すので、町中はゆっくり走ります。そして「自転車に追い抜かされてるし!」 これが「イライラのもと その1」でした。
 ラオスのバスは、乗客のことを考えて大音量で歌を流すことが多々あります。ノリノリで歌を聞いているのはバスガイドだけ。ラオス乗客はのんびり昼寝中。「おんぼろバス」なのに、DVDとTVがついているのはラオスバスの常識みたいです。きれいな景色と大音量の音楽は全くのミスマッチだと思うのは日本人だけでしょうか。9時間も大音量を聞かされたので、頭くらくらになりました。これが「イライラのもと その2」でした。
 そして「いらいらのもと その3」 卵を積むのに1時間もかかってる。運送業もこなすラオスバスだけど、時間制限も作ってくれ~。おかげで、1時間のほほんタイム。でも、何もすることないし。
サワン1日目3 サワン1日目4
↑ ただいま卵を積んでいます。              ↑カラオケうるさくて、ipodも聞こえません。
 その他にも…バス路線以外にも配達、休憩多過ぎ、といろいろありました。でも、ラオス乗客は文句も言わず平然と乗っています。きっとイライラオーラを出していたのは自分だけでしょう。改めて、ラオス人の心の広さと、のんびり精神を感じました。ラオスであと何年かすれば、自分の短気も治るかもしれません(それか、爆発してしまうかも…)。
サワン1日目5 サワン1日目6
↑ ナポンという町では焼き鳥を売りに来ます。         ↑バスは人と荷物を運びます。
 こんな状況を9時間我慢してサワンナケートへ。今日は初めて見る景色好奇心をそそられながらも、疲れた1日でした。あっ、でも、片道650円なので、こればっかりは日本ではなかなか不可能に近い値段です。貧乏旅行をするなら是非ラオスバスをご利用下さい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。