スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラワン郡 タオプン村3

2011年10月30日(日) タオプン村3
 今日もタオプン村の話。真昼間、暑い日差しの中、タオプン村を歩いていると、数人の子どもに会いました。小さな子は写真のように真っ裸で、お家に戻るようです。何をしていたのかな~、と、その先はセドン川(メコン川の支流です)。

 どうやら、子どもたちは川遊びをしてきた帰りのようです。午前の授業が終わって、子どもたちは午後の授業までの間、川遊びをするようです。2時間の昼休み、有効に使っていますね。乾季に入り水かさも減り、川遊びには絶好の季節、下着姿で元気に遊ぶ子どもたちがそこにいました。
タオプン村13 タオプン村14
↑外国人慣れしていないのかな、ちょっと恥ずかしそうな顔していました。↑こっちはカメラを向けたらおおはしゃぎ!
 とそこへ、おじさんの「怒鳴り声」どうやら、子どもたちが水深の深い危険な個所に入ろうとしたようです。ラオスはこうやって、村の子どもを村の人たち全員で見守っている感じがします。
 
 一方、この川を歩いて渡ろうとする人たちも。どうやら、市場で脱穀機を買って、これから村へ運ぶようです。この川を渡ってさらに5kmくらい歩くとか。自転車に荷物を載せて、川へ入っていきます。たくましいラオス人、やっぱり体力は日本人以上だと思います。
 タオプン村15 タオプン村16
 ↑途中で深みにはまるも、向こう岸まで無事たどりつきました。
 アジア最貧国と言われているラオス、そして、ラオスの中でも貧しいサラワン県、そしてその田舎村タオプン村。最近は、経済的に裕福なことが必ずしも幸せとイコールではないのかもな、と実感するようになってきました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。