スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タートルアン祭り

2011年11月9日(水)
 ラオスでは陰暦12月の満月にタートルアン祭りが開かれます。これは首都ビエンチャンにあるラオス最大の仏教寺院タートルアン寺で行われるお祭りです。ラオス国内の僧侶が集まり托鉢するほかに、夜には多くの屋台が立ち並びます。

 このお祭りに行くと、人・人・人… ラオスにこんなに人がいたのかというくらい人が集まっています。ビエンチャンの人口が70~80万人ですが、このタートルアン祭りには30万の人が訪れるとか。

 敬虔な仏教徒が多い国ラオスなので、さぞかし厳粛な式でもみられるかと思いきや、行ってみると、大音量のコンサートが何か所かで開催されていました。まさしく、国中のお祭りを集めたような賑わいと大音量と人。至る所に舞台がセッティングされ、ロックあり、アイドルあり、なんでもありのお祭りでした。
2011_1108_201156-DSC00172.jpg 2011_1108_201231-DSC00174.jpg
↑入場する前に2回ボディチェックされます。意外と厳重な警備みたいです。 
 ただ、タートルアンの塔に近づけば、少しずつ仏教色も強くなり、お参りをする人や僧侶に祈祷してもらう人など、ラオスの仏教文化を感じることができました。最終日の11日には大規模な托鉢が見られるということで、次回は最終日に来てみたいです。

 それにしても、タートルアンのライトアップは幻想的でした。ハーフパンツというラフな格好だったので、寺院の中までは入れませんでしたが、異国情緒に浸ることができました。
2011_1108_201717-DSC00178.jpg
↑高さ45mの黄金の塔。ラオスの象徴的な建築物です。外国人の観光地とだけあって、よく整備されています。

2011_1108_201914-DSC00181.jpg 2011_1108_203802-DSC00200.jpg
↑銃をもった兵隊も警備しています。           ↑僧侶に祈祷してもらうこんな光景が、よく見られます。 
 
 屋台でおいしいものを食べ、ちょっと遊んで、ぶらぶら歩く、楽しい一日でした。(ただ、期待をしていた、お土産屋は少なくて残念でしたが…)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。