スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパスありませんが・・・

2011年11月23日(水)
 4年生の算数の授業。今日は円を描く授業でした。コンパスはお店で売っていますが、教科書ではたった1回きりしか使わないので、子どもたちは買いません。(本当はもっと使う場面はあると思うのですが…)
 
 ということで、先生はどうしたか。
DSC00328.jpg DSC00336.jpg
 左写真は紙に穴を2つあけてコンパス代わりに、右の写真はストローに穴をあけて使っています。ただ、描いて終わりの授業になってしまっていたのが、残念。 
 
 工夫するって大切ですね。コンパスがなくてもきれいな円を描いていました。ついつい、自分は「買えばいいじゃん」「日本から送ってもらおう」と考えてしまうのですが、まずは「工夫することを第一に考えること」が大切だと改めて思いました。なんでも「買えばいい」と思っていると、普段の生活で「考える力」が衰えていってしまうかも。
 
 もちろん、コンパスがあれば、正確な円が描けるし、半径や直径についての理解、三角形の書き方も勉強ができます。むしろ、コンパスがある方が算数としてはいいのでしょうがね。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

参考になりました

ストローでコンパス代わり!
素晴らしいアイディアですv-354

画用紙に大きな円を描きたかったのですが、市販のコンパスでは無理だし、ネットで見た「腕を支点にして紙をグルグル回す」方法は不器用な私では無理そうだし、針と糸で…という方法も失敗しそうだし…うーむv-394

そうしたらこちらの記事を見まして。
早速実行してみたらアラ簡単!
うまくいきました。
ありがとうございますv-411v-346

必要は発明の母ですね

Re: 参考になりました

ブログを読んでいただき ありがとうございます。
 アイデア勝負ですよね。自分が一番苦労したのは ストップウオッチがなかったので、試行錯誤して砂時計を作ったことです。
 ペットボトルを使って四苦八苦したことがあります。
 でも結局は、お隣のタイでストップウオッチを手に入れてしまったのですが(笑)。
 
 何か作っているとき、ラオス人も興味深く見ていましたよ。一緒に作ることは大切なんだなと思いました。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。