スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンパサック県 タートニュアンの滝

2011年12月4日(日)
 「パースワムの滝」「タートファーンの滝」の次に「タートニュアンの滝」に行きました。
パースワムの滝が「外国人向けの整備された滝」タートファーンの滝が「大人向けの眺める滝」とすると「タートニュアンの滝は「若者向けの遊べる滝」というイメージです。

 実際に「タートニュアンの滝」には、多くの若者がピクニックに来ていました。

 このタートニュアンの滝、大きく3つのゾーンに分かれています。1つは滝周辺のレストランや宿泊ロッジ、2つ目が滝を上から覗ける絶景スポット、そして3つめが滝つぼへ行ったり、泳いだりできるこれまた絶景スポットです。

 1つめの滝周辺では、若者たちや家族がお弁当を広げて楽しんでいました。日本の田舎の風景みたいで、水の流れる音と新鮮な空気の中で、満腹の腹を抱えてお昼寝タイムとなりました。

 滝を上から眺める絶景スポットでは高所恐怖症を忘れて、崖の先まで進んでみました。 
IMG_0714.jpg IMG_0719.jpg
左写真が滝周辺、奥にはロッジ・レストランがあります。この日は祝日でラオスにしては人がいっぱい。とはいっても、こんな感じで、のんびりできます。右写真が滝の上から。高さ…20mくらいかな~。

 そして、道を下り、滝を下から眺めます。
IMG_0724.jpg
 階段が急です。でも、来る価値はあります!写真では小さく見えるけど、結構大きな滝です。

 さらに、滝つぼへ。目を開けるのがやっとの水しぶきと強風の中、めざすは滝の下。ぼくたち以外だれも、ここまで来ないし。ちょいと足も滑り、ラオスで久しぶりに味わった恐怖。なんとかたどり着きましたが、びしょぬれになりました。
 きっと、日本なら立ち入り禁止区域になる場所でしょう。きっと、ここで何人かの人が滝つぼへ落ちたことでしょう。

 タートニュアンの滝はスリルを味わいながら、水着を持って一日遊べる楽しい場所です。
IMG_0732.jpg IMG_0713.jpg
 ここからさらに滝つぼへ。水しぶきがすごくてカメラ撮影は断念。そして、お昼寝・・・

 今回行った3つの滝は少しずつ観光地化が進んでいます。レストランができて、売店も少しありました。「自然のままでいいじゃないか。」という意見もその通り。ただ、この観光地周辺で生活している村人たちの生活が潤うように、道路の整備、観光案内所の設置、バスやタクシーの手配、特産物の販売など、自然を壊さない中で観光開発が進んでいくといいなと感じました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。