スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先生にも寄り添って・・・」

2011年12月14日(水)
 とある超ベテランの先生の話。この先生、授業は「黒板に教科書を写すだけ」という残念な授業を毎回しています。教えることもなく、「学級崩壊しているよ~」「なんて怠慢なんだ」と感じています。

 そんな、先生、学校が終わると、生き生きと市場でカエルや野菜を売っています。朝も道端で… 教師は副業だろ~ と言いたくなってしまいます。

 という先生ですが、よく僕のオフィスに来ます。そして今日も、「割り算のひっ算、これであってる?」と聞いてきます。最初は、「先生だろ!解けないの!!」と思いながらも解きました。

 でも今日思ったこと… この先生なりに必死なんだろうなと。割り算のひっ算なんて、他の先生に聞けないだろうなぁ。計算に自信がないから授業もできないんだろうな。だから、消極的になってしまうだろうな、と。

 本当は、この先生も「楽しいわかる授業」がしたいはず、だから、僕のところに自信を持って教えるために来るんだろうと。

 この先生、おそらく裕福ではありません。ひょっとしたら、市場でカエルを売っているのは生活のため… 

 そう考えていると、「指導方法をいろいろ教えてあげよう」と思えるようになってきました。「子どもと寄り添って…」という言葉がありますが、今の自分の立場は「先生に寄り添って…」という言葉も大切だと思いました。

 人それぞれ、いろんな人生を背負っています。少しでも「わかりあおう」とすると、人への見方も変わってきます。

 「やめちまえ!」というのは簡単なこと、でも、その前に、味方になって自分にできることをがんばっていきます。
2011_1130_154856-DSC00556.jpg 2011_1129_145820-DSC00535.jpg
 今日はさすがに先生の写真は載せられないので、子どもの笑顔をアップしました~。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。