スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校活動報告 7

2011年12月15日(木)
 今日は4年生の活動報告。4年生は100ます計算を1か月半行い、5分平均点70点を無事クリアしました。学力低位の子についてマンツーマン指導したり、宿題を出したりしてきました。4年生の先生は協力的なので、活動もスムーズに進みます。

 その次にしたことは、足し算のひっ算練習(少数も含む)です。最初に診断テストをして、弱点を先生と共有して、繰り返し反復練習をしてきました。
2011_1128_133634-DSC00529.jpg 2011_1128_133625-DSC00528.jpg
反復練習中。週に3回 ひっ算練習をしました。少数+少数 でつまずく子がだいぶ減ってきました。もう一つわかったこと、それは、ラオスの子たち、黒板の数字を正確に写せない子が多いこと。2.34を2.3.4と書いたり、23.4になってたり…

 ここで、先生に何度も指導したのが、一人一人の計算用紙をチェックするということ。詳細は写真の通り。
2011_1121_150418-DSC00367.jpg 2011_1121_150451-DSC00369.jpg
 一列に並んで先生に答えがあっているか見てもらいます。全部あっていたら、友達に解き方を教えます。間違っていたらもう一度! 全員の計算をチェックできます。時間がかかるのが難点かな・・・ 

 授業中、ラオスの先生は、頭がいい子や計算が速い子だけに黒板に答えを書かせます。これでは、できない子は答えを写すだけ。

 そこで、「生徒全員がどれくらい理解しているか、確認することが大切」ということをわかってもらうために、この方法を採用しました。

 この方法はとても効果がありました。この方法を授業の中でも取り入れてくれています。

 その他にも、小テストの結果が良くない子には個別に宿題をだすこともするようになりました。さらに、フラッシュカードを作っています。

 小テストの結果が悪いと、もう一度先生が教えます。(今までなら、結果がどうであれ、教科書を進めることだけしかしなかったのに、すごい進歩です。)
2011_1208_080425-DSC00622.jpg 2011_1208_093705-DSC00623.jpg
 小テスト結果が悪かったので、もう一度復習!これが大切なんですが、今までできていませんでした。そして、右写真が、先生が作成したフラッシュカード。
 最後に、診断テストと同じテストをして平均点が上がったのを確認してこの学習は終了しました。

 一人一人の学習理解度を把握すること、繰り返し指導をすること、できない子には宿題をだすなどのサポートをすることを 先生ができるようになってきました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。