スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスは世界共通?

2012年1月14日(土)

 以前、田舎町サラワンにクリスマスの雰囲気はないと書きましたが、ありました。どこって、うちの大家さん。大家さんはこのサラワンでも医者として有名で、おそらくお金持ちだと思います。

 その大家さんの入口に大きなクリスマスツリーが… メリークリスマスとは書いてありませんが、クリスマスツリーです。本人たちは、クリスマスを祝っているつまりはないんですがね。
2012_0112_162415-DSC01304.jpg 2012_0112_163302-DSC01311.jpg
 夜には イルミネーションが。南国のクリスマスツリーもいいのですが、サラワンでは、ちょっと浮いてしまうかも(笑)。そして、新しい子犬を大家さんが飼いはじめました。いつの間にやら、以前からいる2匹の犬も、そしてこの子犬も、すごくなついてきます。

 また、クリスマスの日に、サラワンでも小さな教会があって、パーティがあったと友達が教えてくれました。

 仏教国のラオス、といっても仏教は国教ではないので、キリスト教もありです。だけど、ある村でクリスマスパーティをしていたら、保安官が入ってきて、パーティに参加していた人たちを逮捕したという話を聞きました。そういえば、サラワンのパーティも内緒だったようです。
 
 でも、一般のラオス人は、クリスマスは年末ということだけ知っていて、12月25日というのは知らないらしいです。だから、年末年始はクリスマスとハッピーニューイヤーでめでたいというイメージをもっています。
 
 ラオスは仏教行事が祝日になったり、僧侶が尊敬されたりする国だから、排他的になってしまうのかもしれません。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。