スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムワン県 洞窟めぐり 4

2012年1月29日(日)

 コンロー洞窟。いよいよボートで探検。乾季とあって水深が浅く、ところどころボートを降りてボートを引っ張っていくこともあります。サンダル・裸足が基本。

 頭にはヘッドライト。見どころ以外にライトはついていないので、ヘッドライトだけが頼りです。真っ暗の中をひたすらボートで走る。

 そして、第一目的地、ライトアップされた鍾乳石群に到着。ここはボートを降りて歩きます。ボートだけ先回り。ライトの量とライトアップの仕方はもう一工夫必要ですが、秋吉台レベル(より下(笑))。でも、すばらしい!観光客が少ないので、自由気ままに歩けます。コンロー洞窟、もっと工夫すれば、有名な観光スポットにできるのですがね。
2012_0126_161003-DSC01598.jpg 2012.1.18-29 314
 ご覧の通り真っ暗… 涼しく気持ちがいいけど、真っ暗。ヘッドライトで見たいところにスポットを当てます。
そして、たどり着いた鍾乳石群。

2012.1.18-29 317 2012.1.18-29 325
 かなり広い洞窟です。ほどほどに歩き、大半はボート。体力は必要ありません。

 さて、ボートに乗って暗闇を進むこと、20分。鳥目の自分もなんとか暗闇に慣れてきたところ、前方に光が。出口に到着です。出口を抜けると…大自然が出迎えてくれます。この一瞬が感動的~。「来てよかった~。」と思える瞬間です。人の手が入っていない自然そのもの。ここにも絶景がありました。
2012.1.18-29 339 2012.1.18-29 349
 暗闇を抜ければそこは大自然。

 となると、ゴールはどんなとこなんだろうか。出口から5分程で岸辺に到着。そこは…ただ売店が3つあるだけ。特に… あれっ、「桃源郷は?」「お土産は?」「きれいな喫茶店は?」と呆然。ゴール地点はいつものラオスでした。ここでもう一工夫欲しいんだけど…

 帰りは来た道をひたすらボートで戻ります。

 ラオスらしい大自然の風景と洞窟、そしてラオスらしい観光設備。またラオスらしい思い出ができました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。