スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムワン県 洞窟めぐり 8

2012年2月2日(木)

 洞窟探検3つめは「エン洞窟」。ちなみにこの「エン」とはこの洞窟に住んでいた鳥の種類らしいです。ここは有名な洞窟で、県庁所在地タケークからも近いので、観光客でにぎわっています。この日は、タイ人が5台のバスに乗って観光に来ていました。

 この洞窟は施設入場料が200円と高く、洞窟に入るにもお金をとられました(ボート代500円)。さすが、観光施設。お金を取る分、ライトアップに力を入れていました。
2012_0128_104346-DSC01675.jpg


 洞窟探検は、ボートコースと徒歩コースがあります。まずはボートで探検。今回は手漕ぎボートで若い(10代だと思われる少年)少年が船頭をしてくれます。

 真っ暗の中を船頭さんがひたすらオールを漕いで進みます。ヘッドライトだけの明かりでオールの漕ぐ音だけが聞こえる世界。神秘的だなぁ、と思ったら…
2012_0128_124242-DSC01701.jpg 2012_0128_110455-DSC01682.jpg
 左が入り口の写真。観光地化されています。右写真が実際に乗ったボート。ボートは3台しかなくて、大人数では探検することができないと思います。徒歩コースで十分という人が多いのでしょうね。

 岩にサソリみたいな虫発見!そして、ボートを一度陸に持ち上げて再び入船したと思ったら、船の中にクモ発見!なんとも、おっかない探検でした。

 奥地までくると歩くことができます。ここも険しい道を登り降りしました。そして、見つけたものは、鍾乳石。なんと触りたい放題です。さすが、ラオス。日本ではありえない。

そして、もう一つ、見たもの、それはダイヤモンド鉱石。(と、少年が言っていました。)ある場所にだけ、岩の中にキラキラと光る小さな粒があります。これは、感動的、神秘的。ここは、パワースポットです。
2012.1.18-29 466 2012_0128_113439-DSC01688.jpg
 触りたい放題、持ち帰りし放題。(ダイヤモンド鉱石は削れませんので持ち帰れませんが。)右写真が、少年の言う、ダイヤモンド鉱石らしい。

 多くの観光客は徒歩コースを行きますが、体力のある方は是非、ボートコースへ行くといいでしょう。
おすすめ度 ★★★★

 4つ目の洞窟は「パイン洞窟」。ここは…洞窟の中のお寺。ただ、少し探検してみると、アンモナイト化石や光る鉱石が!ガイドさんがいないのでよくわかりません。大きくはありませんが、探検してみるといろいろと出てきそうです。ということで、おすすめ度★★★。
2012.1.18-29 477 2012_0128_131505-DSC01703.jpg
 パイン洞窟は入り口で、ヤンキー座りしたなんとも感じの悪い仏像が出迎えてくれます。右写真の赤丸がアンモナイトの化石、青マルはキラキラと光る鉱物…なんだろう…
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。