スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムワン県 洞窟めぐり 9

2012年2月3日(金)

 洞窟探検最後5つ目は「パ洞窟」(仏陀洞窟)です。この洞窟は名前の通り仏教に関係する洞窟でした。知名度の高い洞窟です。

 この洞窟は入口が地上から5mほどの高さにあるため、近年発見されたようで、発見当時に洞窟の中にいくつかの仏像があったそうな。現在は階段が設置されています。

 それにしても入口が狭い、狭い。しゃがんで入ることに。ちなみに女性はシン(ラオスのスカート)でないと入れないとか。中に入ると、青いライトに照らされたいくつかの仏像が。そして、参拝客と管理人。騒いだらNG,大変おごそかな雰囲気でした。仏像は見るだけなので、人間が入れるのは教室くらいの広さ。そして、カメラ撮影不可。信者の方なら、ありがたい洞窟かもしれません。
 ということで、おすすめ度★★
2012_0128_141740-DSC01709.jpg 2012_0128_141755-DSC01710.jpg
 きっと雨季のときは、ここまでたどり着けないのではないかと思います。入り口で写真を撮りました。これ以上先では写真撮れません。入り口で頭を打つ人何人かいました。

 5つの洞窟を見終わり、あとはタケークへ戻るだけ。楽しかった洞窟めぐりですが… ついに来ました、最もスおそれていることが、それは、「車(ツゥクツゥク)の故障!」あ~、ついに自分にも来てしまった最悪の事態。走っている最中スピードダウン、そして、ここは土道のまわりに民家もない自然豊かな場所。あ~、ここで何時間過ごすのだろう…と途方に暮れる… ひたすら待つ、待つ、待つ。耐えられるかこの時間。

 ですが、運転手は「想定の範囲内」だったようで、修理道具を出してかれこれ20分ほど、部品を取り換え作業は20分で終了してエンジンが再びかかりました。地獄の手前で助けられた思いでした。
                2012_0128_143916-DSC01714.jpg
 もしものための「修理道具とスペア部品」は必需品です。

 これで、洞窟めぐりは無事終了。探検・発見・冒険をした1日になりました。カムワン県観光も終了。日本ではなかなかできない体験ができてよかったです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。