スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書室での様子

2012年2月21日(火)

 自分の活動している学校では各クラスが週に1回80分図書室を利用しています。本を読まないラオス人(というより本がないので読む習慣がないラオス人)と紹介しましたが、学校教育で少しずつ変化していくかもしれません。

 が、やはり図書室での子どもの様子を見ていると… 携帯で遊んでいる子、絵を描いている子、おしゃべりをし
ている子、声に出して本を読む子など
、様々です。ちなみに、どの担任の先生も、図書室には来ないで、教室で仕事か職員室前でおしゃべり、または学校に来ない…とか。だから、図書室での児童はやりたい放題です。(と言ってもケンカや物が壊れるなどのトラブルはありません、これがすごいラオスの子ども)
2012_0221_152422-DSC02046.jpg 2012_0221_152508-DSC02048.jpg

2012_0221_152518-DSC02049.jpg 2012_0221_152536-DSC02051.jpg
 さすがに80分は長い!本の数も少ない(絵本が中心、英語の本が多い)ので、子どももあきてしまいます。教師にとっては、休憩時間になるですがね・・・
 火事のときにも思ったのですが、「物をあげて終わり!」ではだめだということ。技術支援、(この場合、図書館経営の仕方)までやらないと、せっかくの贈り物が台無しになってしまいます。

 学校の図書館では「静かに本を読もう」なんて、日本じみたことはしなくてもいいので、先生たちに「読み聞かせの技術提供」をしたり、本の貸し出しシステムの指導をしたりと子どもが本を好きになるための指導方法ができたらいいなと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。