スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都ビエンチャンの環境

7月12日(火)
 自然豊かな国ラオス、ですが、空気は…いまいちです。息を止めたくなることが多々あります。その理由は主に3つあります。1つめは排気ガスの量です。首都ビエンチャンはオートバイがとても多く、大量の排気ガスを出しています。ツゥクツゥクというタクシー型オートバイに乗って赤信号で止まったときは酸欠状態におちいりました。日本の空気は都会でもおいしいと思いました。とはいえ、ラオスの田舎なら排気ガスは大丈夫と思いますが… 2つめは、砂ほこりです。舗装された道路ばかりではないので、赤い砂ぼこりがまいます。風の強い日に一日外出していたら、顔や髪に砂がまとわりつきます。3つめは、生ごみや魚・肉のにおいです。鼻につくにおいです。特に暑い無風の日はこのにおいでエネルギーを吸い取られます。ということで、ビエンチャンは首都とあって生活するには便利な場所ですが、健康を害してしまいそうです。
発展途上国は経済と環境問題の両方を解決してかねばなりません。とても大変だと思いました。先進国に住んできた自分にできることを見つけて実践していきたいです。
オートバイ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。