スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校 サッカー大会

2012年3月8日(木)

 昨日の午後ものんびり。暇つぶしに一眼レフを持って散歩、散歩。のつもりが、30分歩いて小学校サッカー大会
の会場まで行ってしまった。

 なんや、30分と思うやろうけど、真昼間のラオス南部で30分歩くの結構きついわ~。疲れるというより、太陽光線が痛い。なんか、散歩するの健康に悪いんちゃうか~と思ってしまう。

 行ってみたら、偶然にもうちの学校の試合。子どもたち大歓迎。まぁ、言葉わからんから笑顔と手を振るんで精一杯なんやけど。そういえば、先生や子どもがサッカー決勝の話しとったなぁ、と会場について思い出した。

 うちの子たち、背低っ、細っ。でも、ちゃんと味方見つけてパスしてつなごうとする(つながるんじゃなくてね)チームワークのいいチームだった。相手チームはとにかくでかい。
ほんま、小学生?と思える子がたくさん。ラオスの学校、留年すれば小学生でも14歳とかありだから、仕方ないかも。
IMG_1129.jpg IMG_1133.jpg
 背が高い相手チームはコーナーキックからヘディングシュートを何度か試みていました。それにしても、でかい。

IMG_1142.jpg IMG_1145.jpg
 ゴール周辺は砂場みたいな感じ。
 前半0-0で健闘したものの、後半に3点入れられて惨敗。でも、来た甲斐ありました。
 
日本の友達と話しながらラオスのサッカー大会を見ていて思ったこと、やっぱり「子供らしさが全面に出ていて楽しい。」ということ、明らかに日本の方がサッカー技術レベルは高い、でも、ラオスは大人が必要以上に干渉していない、余分なプレッシャーがかからず、子どもが伸び伸びしている。

日本は小学生のサッカーなどは遊びだったのが、いつしか子どものスポーツになってしまい、大人が干渉しすぎていると感じた。子どもが技術を伸ばしたい、大人もそれを応援したいというのも十分わかるけど、なんか、子どもらしさが日本からどんどんなくなっていっているような気がした。小学生のうちは、子どもだけの世界で仲間と楽しく遊ぶ時間って大切だなと感じました。それが、知らず知らずのうちに子どもの世界で礼儀・喧嘩・思いやり・コミュニケーションなどを学んでいるんだなと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。