スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校活動報告11

2012年3月20日(火)

 今日、市場のおばちゃんテンションハイやなぁ、と思いながら白菜かったら、おばちゃん、酔っぱらってたわ~。だから、やたらと他の野菜勧めてきたわ。日本ではありえへん。でも、ラオスでもあまり、ありえんのやけど、野菜の計算だけは合っとった。残念。

 さて、5年生の授業ですが、課題と対策ができたところで、こつこつと繰り返し学習を進めてきました。活動の中
にこれまで下学年でやってきたフラッシュカードや100ます計算、ミニテストを入れながら、基礎基本を叩き込む毎日、でありました。

 昨日の対策から、

①「わからないときは、わからない」言いなさい。というのが、だいぶ浸透してきました。
 よく途中で「わかった?わからなかったら、手を挙げなさい。」と聞いていくうちに、手を挙げる子が増えてい
きました。これにならって、5年生の担任の先生も、「わからない子は手を挙げなさい。」と言うようになりました。児童への浸透率90% 先生への浸透率70%

②「答えを言わずにだまって挙手」は、自分が「答えを言わずに挙手」と言えば、できるようになりました。
 
 これができると、だれがわかっていないか判断することができます。ただ、まだまだ、癖なのでしょうか、すぐ答えを大声でいうエリートさんがいます。いつも、そうやって、あなただけの授業をしてきたのですよ!!もう、これからはあなただけの授業ではありません!と日本語で、ぼそっと言ってあげました。

 ただ、まだ先生には、この意図があまり伝わっていないので、このパターンはまだ続けていきます。児童への浸透率60% 先生への浸透率30%

③「説明しよう。」はすぐにはできないので、繰り返しの連続です。

 とにかく、考える機会が少ない子どもたち。黙って黒板を写していればよかった今までとは違うんです!だから、「解き方を説明して!」と言われても、頭の中で???がぐるぐる回っているのがよくわかります。ということで、最初はエリート君の力を借りて、口で説明、黒板に書いて説明、教材を使って説明といろいろなパターンを見せていきました。でも…まだ不十分。これからもう一息頑張らねば… 児童への浸透率20% 先生への浸透率0%
 明日もこの続き。

2012_0109_081234-DSC01258.jpg
 この写真、この子(クラスでは上位の子)が説明をしようとしていますが、黒板に向かって早口に説明しています。黒板に説明してもだめです!が、まぁ、まずはこうやって少しずつ子どもが説明する授業をしていきたいと思います。あ~、先は長い… でも時間がない…
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。