スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの国花

2012年3月25日(日)

 家から市場へ向かうときに「チャンパー」という花が咲いているのが見られるようになりました。日本では「プルメリア」(和名ではインドソケイ)として知られています。

 ラオスでは写真のような黄色と白の花びらのチャンパーが多くみられます。他にもピンク系が合ったりするようですが… ハワイでは花の首飾りに使います。
RIMG5032.jpg

 この花、枝から落ちても、花びらは散らずにこの花の形のまま落ちます。だから、落ちてしまったチャンパーもなんとも魅力的で、家に持って帰りたくなります。

 「チャンパー」はアロマオイルにも使われています。また、枝を折ると出てくる乳液は毒があるとか…。ラオスでは正月やバーシーといった儀式で用いられます。

 そんなこともあり、この「チャンパー」はラオスの国花となっています。ちなみに、ニカラグアでも、この花が国花になっています。

 花言葉は「恵まれた人」「情熱」「気品」らしいですが、「内気な乙女」という意味もあるとかないとか… こんなにたくさんの花言葉があると、プレゼントするとき困るけどね。「情熱的」だと伝えようとしたら「内気な乙女」と伝わると困りますが。

 それはよしとして、いつか日本に帰って、どこかでこの花を見ると「ラオス」を思い出すんだろうな、と思います。そのときに、「楽しかった・充実したいい思い出」として思い出せるようになるといいなと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。