スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅行  ~クアラルンプール セントラルマーケット~

2012年4月15日(日)

 チャイナタウンの近く、もう一つの観光地が「セントラルマーケット」。マレーシアの名産品がそろう場所で、チャイナタウンと比べると、チャイナチックな雰囲気が消え、清潔感とおしゃれ感が増します。

IMG_1212.jpg IMG_1215.jpg
 入り口はどこかのテーマパークのようです。朝10時くらいでしたが、暑さもあって、人はチャイナタウンほど多くはありませんでした。

 このセントラルマーケット、古くはイギリスが支配していた時代に生鮮食品市場ができたことが発端のようで、1888年から現在まで長い歴史を持つマーケットです。1986年、そして、2006年に大改装をして、今の建物があります。

 この通りには、チャイナタウンとまた違ったおしゃれな雑貨品や飲食物が売っています。   

DSCF8061.jpg DSCF8065.jpg
 飲み物はラオスとあまり変わりませんでしたが、ハエもいないし、清潔感があふれています。そして、道にゴミが落ちていない!なんとも素晴らしい街です。
 
そして、セントラルマーケットに入ると、これまた涼しい。って当たり前かもしれないけど、冷房完備です。2階建てで、いろいろなショップが集まっています。マレー凧、バティクなどのマレーシア伝統工芸品やナマコ石鹸などの雑貨、マッサージ、ドクターフィッシュなど、見ていて飽きないショップがたくさんあります。マレー半島の旅行だったら、ここでいいお土産が揃うと思います。あっ、買い物に夢中で写真撮るの忘れた。

 さてさて、買い物の後は、喫茶店でコーヒーでも、ということで、館内にある「OLD TOWN WHITE COFFEE」という喫茶店へ。

IMG_1218.jpg IMG_1216.jpg

 この喫茶店はマレーシアやインドネシアで約200店舗も出店している大規模チェーン店。
1950年ごろ、マレーシア3番目の大都市「イポー」が発祥の地だそうな。イポー産のコーヒーとして有名だとか。

 ここのコーヒーは最初から砂糖とミルクが入っているので、ブラック好きの人はちょっと残念かも。ちょっと甘すぎる気もするけど、まろやかな味です。

 ホワイトコーヒーと言うので、白色のコーヒーでも出てくるのかと期待したけど、いたって普通のコーヒー。お店の説明によると、コーヒー豆を炒るときに、マーガリンと砂糖をできるだけ使わないようにしたため、他のコーヒー豆と比べて白っぽく見えたため「ホワイトコーヒー」と言われるようになったそうです。

 ホワイトコーヒーの豆、お土産に最適かも。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マレーシア旅行  ~クアラルンプール セントラルマーケット~】

2012年4月15日(日) チャイナタウンの近く、もう一つの観光地が「セントラルマーケット」。マレーシアの名産品がそろう場所で、チャイナタウンと比べると、チャイナチックな雰囲気

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。