スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅行 ~コタキナバル キナバル登山2~

2012年4月30日(月)

 ついにキナバル登山スタート地点に立ちました。水・タオル・着替えなど極力荷物は少なくして、元気にスタート。スタート地点は標高1600m、気温も20度前後のようで、まずは半袖1枚で登り始めました。
DSCF8501.jpg IMG_1485.jpg
 スタート地点の様子。余裕綽々の様子です。右の写真は、キナバル登山往復レース(21km)の記録。男性の最速時間が2時間37分って。凄すぎる…

 まぁ、これから来るであろう疲労に備えてマイペースに登ります、と思ったらスタートしてしばらく下り!テンション落ちるし、下った分だけ登ると思うと早速余分な疲れが。

 とまぁ、道はそれなりに整備されていて快適、木が生い茂っていてまだ景色こそ見えないけど、暑くもなくこれでよし。おとなしく歩き、カメラを向けられれば笑顔でピース、なんて余裕なんだろう。

IMGP0984.jpg IMG_0815.jpg
 いきなり下りだよ~ といいつつも余裕の表情です。 

 と続いたのも30分かなぁ。が降ってきました。キナバル山登山は2月~5月が雨が少なくて最適と聞いていたのに。早速「雨男探し」が始まりまだまだ楽しいひと時ではあったものの、レインコート着用になりました。

 レインコート着ると汗がべたつき不快指数がUPします。しかも雨はさらに強くなりました。だんだん7人の仲間もバラバラになり、自分のペースで歩きます。で、1kmごとの休憩所で再会のパターン。

 自分はどうもペースが遅いらしいと気づき、2km地点では休憩所を飛ばして先頭で歩いてみました。気持ちの余裕も出てくるし、相変わらず怒涛の豪雨だけどがんばります。けど20分もしたら、「お先に~」「お先に~」と仲間が先に行くことになり、あ~、体力不足と痛感。仲間の背中を見て、そして仲間の背中が見えなくなって疲労感と絶望感倍増。本当に登頂できるのか… 不安が一層こみ上げる結果に。

「マイペース」でいいんだよ、と思いつつ「(マイフレンドペース+マイペース)÷2」のようなペースになっていました。

             DSC03911.jpg
 つらいときに仲間に声をかけてもらい感謝。マイペースで登りつつも、仲間と登っていると実感。 

 歩くこと6時間、登れば登るほど寒くなり、木も少なくなって冷たい風が体に突き刺し、道はもはや小川状態。さらにはロープを使ってよじ登る道も増えました。もちろん靴はビショビショ。上着も手袋もリュックの中だけど、出すのが大変、だから我慢我慢。標高3600mでTシャツとレインコートでは、もう限界。気づいたら指が凍傷で痛む。

DSCF8542.jpg IMG_0818.jpg
 さ・さむい。そして 疲労困憊。

 3600m地点の山小屋についたときは「達成感」とかじゃなくて「助かった~」といった気分でした。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マレーシア旅行 ~コタキナバル キナバル登山2~】

2012年4月30日(月) ついにキナバル登山スタート地点に立ちました。水・タオル・着替えなど極力荷物は少なくして、元気にスタート。スタート地点は標高1600m、気温も20度前後のよう

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。