スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅行 ~コタキナバル キナバル登山4~

2012年5月2日(水)

 登山2日目。前日夜8時に寝て、真夜中の2時に起きて準備。でも8時に布団に入っても眠れるわけもなく、寝つけなくて、実質眠れたのは2時間くらいかな… 起きたら頭がくらくら。疲労が溜まっているのに明らかな寝不足。仲間から頭痛薬をもらって登山開始。

 2日目頂上までの登山は1日目より急坂。ロープを握って這い上がったさ。途中西欧人の女性がつらくて泣いてました。彼氏付だったので、そのままスルーしたけど(笑)。ポーター(荷物を持ってくれる人)におんぶされて登っていた人もいたさ。さすがに厳しい道のり。それにしてもポーターさんってかなり体力あるんだと感心。

DSC03920.jpg DSCF8631.jpg
 途中足が滑ることも。一歩間違えれば大けがも起きるこの場所。眠気なんていつの間にか吹っ飛んでいました。

 ただ、前日と違って天気は良好で、今日は体力勝負。何も考えずただただ登る。でも急坂で後ろを振り返れば、夜景が見える、と同時に高所恐怖症であることを思い出し、ちょっとびびる。といった繰り返し。

 あ~、あそこが頂上だと思ったら、また先に新たな岩山が見える。そして落胆。としているうちに、空が明るくなってきたー!!! まずい、頂上でご来光といかないかも、と焦ってもうダッシュ。

 なんでこうなるのか…最後の岩山を有り余ってないだろう力を振り絞って登ったさ。「今日は体力勝負だなんて行ってたけど、最後は時間との勝負もあって、気力勝負になり、苦しいんだけど、這い上がる這い上がる。明らかにマイペースを超えていました。まさか、最後にこうなるとは…
2012_0410_053241-M1000025.jpg DSCF8693.jpg
 最後の最後に地獄の岩山登りが待っています。ここも足を踏み外せば大けが。ここを登るのも一苦労。定年後にはこれを登るのは厳しいだろなと思いながら、急いでもダッシュ!

 でも、頂上の看板が見えて、自然と笑みが。ご来光にも間に合い、ただただ不思議と笑みと感動の半泣き。山を登る楽しさを得るのにどれだけ苦労したか、でも苦労した分、得たものも大きかった。山登りは結果が出るので、やっぱりいいもんです。

2012_0410_052555-M1000018.jpg DSC03919.jpg
 頂上の看板。込み合うんだよね~。

 登頂したときのこみ上げてくる達成感というか躍動感というか、安心感なのか、なんか不思議なここちよさは記憶に残ります。だから登山を続ける人が多いのもわかりました。

 狭い頂上では人口密度MAX.記念撮影でごったがえします。友達は高山病にかかり、それでも根性の記念写真となりました。めでたしめでたし。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マレーシア旅行 ~コタキナバル キナバル登山4~】

2012年5月2日(水) 登山2日目。前日夜8時に寝て、真夜中の2時に起きて準備。でも8時に布団に入っても眠れるわけもなく、寝つけなくて、実質眠れたのは2時間くらいかな… 起きたら頭

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。