スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お薬の時間です。

2012年5月16日(水)

 久しぶりに学校の話。5年生の授業をしていたら、いきなり中断。そしてみんながおもむろにコップやペットボトルを出しました。そして水を注ぎます。それから先生が白い錠剤を一人一人に渡します。

「何が始まるの?不思議な儀式でも始まるんかい。」よくわからないので、錠剤の入れ物を見せてもらいました。書いてあったのは「mebendazole」よくわからないで、後日友達にメールしてみました。
DSC02881.jpg DSC02885.jpg

DSC02886.jpg DSC02887.jpg

 どうやら、ギョウ虫やカイ虫などの寄生虫駆除薬だそうで。寄生虫って体内のいろんなところに発生するんだけど、清潔を保つことができない?難しい?国では寄生虫によって感染症をおこしやすいんです。この寄生虫は特に肛門周辺で産卵を行うから、無意識にお尻をかきむしることがあり、寝具・下着・食物・手など、いろいろな物や場所に付着した虫や卵などにより再感染したり他人への感染源になったりします。(友達談)

 発展途上国で手を洗うことはとても重要なこと、石鹸で手を洗わないで食事をすると、寄生虫が体内に入ることもあるんだって。とくにラオスはもち米を手で食べる国だから特に石鹸で手を洗う習慣をつけなくてはいけません。

 目には見えない寄生虫、でも対策はしっかりとっておきたいものです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。