スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校活動報告14

2012年5月22日(火)

 ラオスの学校黒板は木製品が多く、チョークの跡を消すのも一苦労。そして、磁石もつかないでの、教材を黒板に貼るはテープで貼るという苦労があります。もちろん、一度貼ったら動かすのも容易ではないので、先生方も黒板に何か貼るということはめったにしません。

 そんな状況で繰り上がり・繰り下がりの学習をどうやっていこうか、どうしたら子どもたちに視覚的にわかりやすく教えられるか悩んだ結果作ったのが、写真のようなボードでした。

2012_0222_094659-DSC02054.jpg 2012_0223_073429-DSC02057.jpg
 最初につくったボードは段ボールを利用。おはじきにはクリップをつけ、段ボールには釘をつけて、釘にクリップをかける仕組み。これで、おはじきの移動もできます。が…移動に時間がかかる、そして先生から「あまりきれいじゃないわね~。」と一言。この一言で改良を決意。

2012_0314_134631-DSC02216.jpg
 改良版はプラスチックボードで画びょうを挿しました。おはじき(牛乳瓶のふた)の裏にゴム版磁石をはっています。これで、おはじきの移動も早くできるようになりました。そして、何より、先生たちが「きれい」といってくれます。

2012_0223_154738-DSC02100.jpg 2012_0314_134606-DSC02215.jpg
 磁石を貼った牛乳瓶のふた。 

 何回か改良してますが、9月からの新学期にはさらに改良していこうと思います。

 でも、ラオスでは磁石がなかなか手に入らないんです。そして、画鋲なんてないし…日本で当たり前に入るものが手に入らないので、一苦労。そして何より、先生方は磁石や画鋲の使い方をよく知りません。

 自分が日本から届けてもらった「磁石や画鋲、牛乳びんのふた」ラオスでは「何これ?」といったものばかり、積極的に使うことで「これはいい!」と感じてもらえるようにしていきたいです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。