スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100円でお腹いっぱいになりたい方へ

2012年6月28日(木)

 ルアンパバーンで「とにかく安くお腹いっぱいになりたい!」というならローカル食通りの「100円で一皿乗せ放題」の食堂へ。

IMG_2059.jpg
 品数もけっこうあって満足できます。お肉は別料金で食べることができます。
 
IMG_2338.jpg IMG_2334.jpg
 料理を乗せたら隣のテーブルへ。左写真の下に有料ビール・飲み物があります。右写真の左のソーセージや串は有料。

 国立博物館の西にある朝市通りからシーサウォン通りへ抜ける小道は、ローカル食エリア。ここに何軒か「100円一皿乗せ放題店」が出ている。

 「ひゃっ、百円!(ラオス語だと…シッ、シッパンキープ!!)」と驚きつつ、お店のお皿を持って品定めをしてしまいます。地元ラオス人やバックパッカーの外国人がよく訪れる店で、ガチャガチャしていまが、一度試してみるのもよいでしょう。


 ここに住む友達曰く「売れ残って古い料理もあるからよく見極めてね。」と忠告。あまり見てもわからないけど、よく品定めをすべきだとか。限界まで乗せまくる人もいるんですが、その気持ちもよくわかります。あと、春巻などのから揚げは「一人2個まで」と制限があるようです。

IMG_2337.jpg
 味はB級だけど、値段を考えると満足できます。ちなみに僕がとったのは春巻き・チャーハン・ポテトチップス・空芯菜炒め・フルーツ・スパゲティ・野菜炒めといったとこかな。

 ビールや水などの飲み物は有料なので、ペットボトルの水を持っていくといいでしょう。

 それにしても、安い。こんなお店がラオス全土にできたらいいんだけど… 集客が見込めるルアンパバーンだからこそなんでしょうね。うらやまし~。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。