スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAG シェンクワン県ビジターセンター

2012年7月11日(水)

 シェンクワンスタディツアーでは「MAG」(イギリスに本部を置く、地雷・不発弾撤去団体)のビジターセンターへ行ってきました。

 ここは、ラオスの不発弾についてのビデオ(30分くらい)を見ることができます。英語なので、途中すやすやと違う世界に旅立ってしまいましたが(汗)。映像から不発弾の怖さを実感できました。(ほんと、英語はできないと損します…)

 そして不発弾や写真解説等の展示も見てきました。
RIMG2163.jpg
 ラオス全土の地図、赤い部分が不発弾がある地域。上の方がパテートラオや北ベトナム軍がいたシェンクワン県やフアパン県。南の赤い部分がホーチミンルート。

CIMG1909.jpg IMG_2559.jpg
 MAGの看板、そして展示されている写真

 MAGなどが不発弾の除去活動をしているが、完全除去をなると今世紀いっぱいはかかるという。多くの国が支援金を出してくれているが、まだまだ足りない状況である。(肝心のアメリカも出し渋っているとか)。先が長い話だが、ラオスの発展には不発弾の除去は絶対条件だと思います。

 さて、MAGの隣の隣にあるショップにも、ラオスで起きた戦争についての展示もしてました。とてもおしゃれな
空間で、子どもたちの絵や写真集の他にも布などのお土産品もありました。メッセージボードなどもあり、工夫されたショップです。

 IMG_2563.jpg
 きれいなショップでした(ラオスらしくない)。2階は不発弾についてのビデオ(あっ、もちろん英語)が見れます。こちらは10分ほど。

IMG_2562.jpg IMG_2560.jpg
 子どもが描いた戦争の絵が展示してあります。そして写真集も。 

 シェンクワンは空爆によって、元の州都は破壊され、現在はポーンサワンが県庁になっています。この地域に住む人たちにとって、約40年たっても戦争の傷跡は生々しく残っているのが、行く先々でわかりました。まさしくスタディーツアーになりました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。