スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少数民族 モン族 1

2012年7月12日(木)

 シェンクワンでは少数民族「モン族」の村にお邪魔してきました。ということで、まずは「モン族」のお話から。

 ラオスには49の民族がいると言われています。顔立ちや衣装、宗教などが異なりますが、当然言葉も異なるので、言葉によるコミュニケーションが難しいという日本にはない苦労があります。

 さて、ラオスの民族は大きく3つに分けられ、

①低地ラオス人:平野に住みついた民族でラオス人口の68%を占める。ラーオ族が有名

②中地(丘陵地)ラオス人:丘陵地に住みついた民族でラオス人口の23%を占める。カム族など

③高地ラオス人:山岳地帯に住みついた民族でラオス人口の9%を占める。モン族が有名

 ということで、モン族は少数民族、2005年の統計では45万人のモン族がラオスに住んでいるということです。(ラオス国の人口は約600万人)

 顔立ちが日本人ぽくて、頭がいいという印象が持たれています。

 モン族は昔、中国南部に住んでいたのですが、漢民族からの迫害によって、東南アジアに移り住んできました。そして、だれも住んでいない高地に住みついたのです。移動を繰り返してきた民族なのです。

 と長くなりそうなので、今日はここまで。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。