スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧アメリカ軍飛行場

2012年7月24日(火)

 バンビエンでバスから降りるとそこは広い飛行場跡。こんなところになんで飛行場があったの、と不思議に思いますが、この飛行場はベトナム戦争時にアメリカ軍がつくったもの。ここから北ベトナムやシェンクワン県、そしてホーチミンルートに空爆をしました。

IMG_3055.jpg
 飛行場跡地の向こうにはバンビエンの山々が見えます。ここから見る夕日や星空がきれいらしい。
 IMG_3053.jpg
 バンビエンの町を二分してしまった飛行場。ちなみにバンビエン人口は25000人。

50万回以上の爆撃、200万トンを超える爆弾、1㎢あたり約20tもの爆弾、8分に1回の割合での空爆、そんな現状がここバンビエンからスタートしていたのかと思うと不思議に感じます。

 実は、ここから北東へ約20km離れた山中に「ロンチェン秘密空軍基地」というのがありました。これもアメリカ軍がつくった基地です。アメリカ軍はラオス国内にはいないことになっていたので、この秘密基地でモン族の戦闘訓練をし特殊攻撃部隊を作りました

 この「ロンチェン秘密空軍基地」は1975年に北ベトナム軍とパテートラオ軍によって陥落しますが、アメリカ軍は飛行機で逃げ去り、最終便に乗れずに残されたモン族たちはほとんどが殺されてしまったという話があります。

 ロンチェン秘密基地跡地は立ち入り禁止で行くことができませんが、バンビエン空港も戦争という負の遺産であったと思うとなんか、今回も少し切なく感じました。

 バンビエン飛行場跡地は、整備されていないので使えません。歴史の負の遺産になってしまっていました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。