スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども販売員

2012年8月16日(木)

 年度末長期休み(約3か月)中の子どもたち、家でゴロゴロ、家族の手伝い、友達とサッカーといろいろな過ごし方があるようですが、お手伝いをしている子が多いと感じます。

 セコン観光も終わり、バス停に向かうと、子どもたちがバスの乗客に食べ物などを売っていました。バスが止まっている間、バスの中、バスの外で販売合戦。バスが止まっている間しかお客はいないので、子どもたちも必死です。

 そんな光景を見ていると、「子どもたちの労働力」ってラオスでは必要とされていると感じました。「お手伝い」と書けばとてもいいことに感じますが、「子どもの労働(ってほどじゃないけど)」と書けばとても悪いこと、難しい線引きですね。

 そんな子どもたちも、バスが行ってしまえば休憩タイム。観光客が少ない県とあって、我々日本人とカメラが珍しそう。「ここはどこ?」とカメラの映像を指差して聞く子どもたち。写真を食い入るように見ていました。知らないうちに大人もどれどれと見ています。
IMG_0771.jpg DSC03389.jpg
 写真を見ている子どもたち。ラオスのほかの県の様子もTVでしか見ることができないので、じっくりと何度も見ていました。そして、バスが来れば売り子の仕事。

 貧困県でこれといった産物もないセコン県、それでも子どもも大人もたくましく、そして心穏やかに生きています。

IMG_3537.jpg IMG_3535.jpg
 屈託のない笑顔には癒されます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。