スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学歴社会なのかな・・・

 2012年9月27日(木)
 ラオスで「どうでもいいじゃん!そんなこと」と思う質問に出くわすことがある。それが「あなたは大学博士号を持ってるの?それとも修士号?」という質問。特に、初対面に近い人からこういった質問をされると「あっ、人物評価しだしたな」と思ってしまう。
 まぁ、ラオスには大学が数えるほどしかないから(たしか4つ)、博士号や修士号をもっているというだけで、かなりのステータスになる。だから、ぼくら外国人にもそういう質問をしてみて、どれくらい教養をもっているのか知りたいわけだ。
 学歴重視は日本では一昔前に思えるが、ラオスでは「学歴」や「出身地」「民族」なんかは人を測る尺度の一つ。義務教育と言われる小中学校を卒業していない人もたくさんいるわけだから、「学歴」が重視されるのもわからなくもない。
 でも、やっぱり「今の自分で勝負」できたらと思うし、今の自分で評価されたい。
 あっ、ちなみに自分はラオス人のこの質問に、「大学には7年通いましたよ」と言っています。留年しようが、転入しようが、通信の期間があろうが、事実は事実。「7年」というとさすがにラオス人も一目置いてくれたりします(笑)。嘘ついてないから、まぁいいか~。
 ということで、自分の活動地ではとても教養のある人になっています(笑)。

2012_0210_100243-DSC017832.jpg
ラオスの小学校の算数教科書
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。