スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかは車社会になるだろう

2012年10月14日(日)

 サラワン県の中心地の国道を歩いていると、バイクが一番多く走っており、次に、車や耕運機が走っています。そういえば、自転車に乗る人は少ないようで、学生もバイクで登校しているようです。

トラクター

 さてさて、上の写真が、サラワン県の中心地の道路ですが、いろんなことに気付きます。
1) 野良犬が道路に群がっている。 夜はさらに増えて、狂暴になります。
2) トラックも走っている大都市パクセーから荷物を運んでいるのかもしれません。
3) 右端にはきれいな車がある。 サラワンでもお金持ちの人は車に乗っています。ちなみにぼくの通う学校の先生はだれも車を
  所有していません。お金持ちの大家さんは車を所有しています!
4) 信号がない! 当たり前です信号なんて田舎の県庁所在地には存在しません。
5) 耕運機に家族が乗っている

   耕運機は1台15万円ほどすると聞きました。高いのか安いのか・・・ 村の人は物を運 んだりするために購入するようです。もちろん田畑を耕すときも使うらしいですが。そのため水牛を売り払うようで、水牛の数は減っているとのこと。車を買うお金はないけど、移動手段として耕運機を買うのが田舎のラオス庶民の常識といったところでしょう か。

  こうやって少しずつ、田舎も機械化していくんだなと思いました。そういえば、一緒にうちの学校の先生が「6年後に車を買うからそのときにはまた遊びに来てね!」なんて言っていました。6年後・・・ どんな発展の仕方をしているのか楽しみと不安が交錯しています。

 あっ、ちなみに、僕の住んでいるサラワンの中心部 ナコッポ村は 決して空気がきれいとは言えません。バイク、耕運機が走り、土埃が舞う環境。道端にはごみが散乱していること もあります。なかなか環境問題まで手が回っていないようです。
  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。