fc2ブログ

ラオス人が使う旅行バック

2013年3月2日(土)

 帰国に向けて、着々と荷物を整理しているわけですが、飛行機に乗せる荷物はスーツケースに入れていきます。日本を発つときに2つの大きなスーツケースを準備しましたが、帰国では、郵便局で荷物を送ることもしています。やはり行きより帰りの方が荷物は増えるものですね。

 さてさて、ほとんど旅行をしないラオス人ですが、ちょっとお隣タイまで、首都ビエンチャンまでなんて行くときには、スーツケースではなく、写真のような荷物入れを使っています。

bag1 bag2
 模様柄物もあれば、このようなアニメものの荷物入れもあります。これとにかく安いです。(500円したかなぁ・・・)
bag3 bag4
 ファスナーで開け閉め、自分が持っているものは、43×48×23(cm)です。ビニール製なので雨にぬれても大丈夫。


 初めて見たとき、「わぁ~、なんておしゃれかばんだ~」なんて思うことなく、手に入れることなど考えもしなかったのに・・・ タイでドラえもんのバックを購入し、お土産いっぱいにしてラオスに戻ったことがあります。故郷サラワンでは、何とも言えない柄ばかりで手を出さなかったのですが・・・

 このバック、折りたためるのが一番の利点です。また、バス移動の際には車体の下のトランクに入れたり、バス頭上に括り付けたりするので高価なスーツケースよりも安価なこのバックの方が盗まれにくいということもあります。まぁ、現地の人のバックと思われますからね。

 ビエンチャンの空港で飛行機の荷物待ちをしていると、こんなバックもベルトコンベアから流れてきます。そうそう、一度3時間ほどのバスに乗ったときに、バス下のトランクに荷物を入れたら、油汚れが付着していました。バストランクには、ブタだって入るほどですから、汚くなって戻ってくることも。そう思うと、やはりビニール製のこのバックは最強かもしれません。

 きっと日本でも流行る・・・いや50年ほど前に流行っていたいたのかな~。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者 2020.8.14~
ブログ内写真
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR