fc2ブログ

ラオス生活での病気の記録

2013年3月3日(日)

 ラオスで生活してきて、環境が変われば体調も変わるもんだなぁと感じることもありました。ということで、ラオスで1年9か月程生活して 自分の健康について整理しておこうと思います。

 まずは 病気に備えて、狂犬病や破傷風、肝炎などの予防接種を受けてラオスに入国しています。日本ではお菓子をよく食べていたのですが、ラオスに来てからはお菓子は減ってドラゴンフルーツやマンゴーといった果物をよく食べるようになりました。魚や肉を食べる機会は減り、野菜中心の生活をしています。とは言え、首都のビエンチャンや海外に行ったときは肉・ピザ・ケーキとたらふくおいしいものを食べました。あと、お米がおいしいので炭水化物が多くなった気がします。

 さてさて、病気の記録ですが、大きな病気はありませんでしたが、ちょこちょこと体調を崩していました。
1 サラワン県に着て 1週間ほど発熱。(日本で熱をだしても、2日もすれば熱は引いたのに、ラオスでは熱が下がらないので不思議な気分でした。
2 冷たい水を飲みすぎて胃を悪くする。(原因が分かっていたので、気を付けるようにしましたが、時々やらかしていました)
3 耳の調子が悪くなる、緑色の便が出る、いつもと違う匂いの尿が出る どれも2・3日で治ったので問題はないかと思います。
4 ドライアイがひどくなる。(太陽光というより、パソコンの見すぎもあったかと思います)
5 心臓に痛みを感じる。(タイの病院に入院しましたが、ストレスらしい… 特に問題なし) といってもほとんどストレスは感じていなかったのですがね。

 とありましたが、振り返れば 「まぁ、こんなもんか」といったところです。ただし、ラオスの片田舎、信頼できる病院はないので、擦り傷一つでもちょっとドキドキします(破傷風とか)、2匹の番犬とは狂犬病にかかっていないか心配しながらも、楽しくスキンシップしていました。

 蚊に刺されることは何度かありましたが、デング熱にかかることなく過ごせました。デング熱にかかる仲間もいたので、運もあったかもしれません。

 そういえば・・・持病の花粉症は なぜか出ませんでした。イネ科の花粉症なのに・・・お米いっぱいのラオスなのに。 相変らずだったのは 頭のかゆみ(脂漏性湿疹) 薬を持っていかなかったのでとにかく清潔にしてはいましたが・・・ん~環境には影響されず。
 
 体重は、-3kg~現状維持。甘いお菓子がない世界はいいですね。(というか、ラオスのお菓子は甘すぎて口に合わない)でも、無性にシュークリームが食べたくなることが何度もあります。そういえば、運動はほとんどしていません。

bed SRV bed domi
左はサラワンでの寝室、右はビエンチャンのドミトリーベッド。どちらも 硬すぎるマットです。慣れてしまったのですが、やはり心地よいベッドマットが恋しい。

 時間に余裕があり、規則正しい生活ができました。大きなストレスなく生活できたのが健康に良かったのかと思います。医療体制が整っていないので、ここで老後を迎えるのは怖いですが、若いときにこんな片田舎でスローライフが送れたことは幸せです。 

 
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者 2020.8.14~
ブログ内写真
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR