fc2ブログ

小学校活動報告43

2013年3月5日(火)

 サラワン県ナレック小での活動も無事に終了しました。先日 県教育委員会と郡教育委員会にも終了の挨拶に行き、本当に終わってしまうんだなぁと、寂しく感じました。

訪問2 訪問1
 まずは県教育局へ活動終了の挨拶。(左) 続いて郡教育局へ挨拶(右)。 特に、郡教育局の方々には、着任時に学校が雨季休みだったこともあり、最初の1か月はとてもお世話になりました。学校が始まると、一か月に1回行くか行かないかといった場所になってしまいましたが、自分にとっては、大家さんと学校以外の頼れる場所でした。

 そして、少しづつ進めてきた活動報告の作成も無事終了しました。
43-1 43-2
 児童にとって「黒板の文字をノートに写すこと」が学ぶというイメージがあり、「考える」という活動が貧弱だと気付いた着任当初。
スモールステップと繰り返し学習によって、「分かる、分かった」を実感させたいと思いました。


43-3  43-4
 100マス計算に取り組んだら、結果は一目瞭然でしたが、下位の子はいつまでたっても点数が上がらず、個別指導の必要性を感じました。そして、実際に授業をしてみて、子どもの反応を大切にした授業づくりの仕方を先生方に伝えました。

43-5 43-6
 スモールステップと繰り返しに最適な計算ドリルを作成しました。ノートに考えて書くまでに、たくさんの課題に直面し、試行錯誤しながら進めていきました。

43-7 43-8
 NPOの方と協力してパソコンを送ってもらい、先生方へのパソコン指導も行いました。今では、先生方がワードで問題や教材を作成して印刷することができるようになりました。

 活動中には多くの課題が生じましたが、大変だったというよりも、とにかく楽しかったと感じています。先生方が本当に協力的で親切であり、いつも笑顔で接してくれました。「自分はこの場所で役に立っている」といった根拠のない満足感を味わいながら活動できたのは非常に大きかったと思います。

 言葉が分からないのは確かに不便ではありましたが、逆に細かいことを気にせずできることは良かったと思います。どうしても伝えたいことは、辞書を引いて文字を書いたり、実際にやってみたりしました。先生方がだんだんと理解してくれるのが何とも楽しかったです。

 途上国ラオスの片田舎サラワン県で、人の温かさがつまった素晴らしい環境で活動ができたことに本当に感謝・感謝です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者 2020.8.14~
ブログ内写真
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR