スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの先生事情2

2011年9月15日(木)
 今日は先日書いたラオスの先生事情、その2です。ラオスの先生の給料はかなり低いです。ぼくが1か月の食事代はだいたい9000円です。(1日300円ですね。)これを参考にして考えると驚いてしまいます。 ずばり5000~6000円です。大学教授でも7000円です。って、食費代も払えないじゃん!ただし、ボーナスがあるのかどうかは知りません… また聞いておきます。)これだと、1日200円生活になります。ん~、ということで、先生と農家を兼業したり、共働きだったりして… この給料の安さでは、教師という職業は人気はありません。だって、教師だけでは生活していけないし。
ちなみにラオスで人気がある職業は銀行員です。ある銀行では月給80000円とか… この他にも教師より給料のいい職業なんてたくさんあります。どれだけの人が教師になりたくてなったのか…わかりません。ラオスでは先生の研修を開くとき、日当が出ないと参加しないといわれています。なんか、わかるような気もしました。
しかし、逆に考えれば、給料が低くても子どもが好きで教師になった人もいるはずです。そんな人がいるからこそ、自分は日本の授業方法を紹介したいと思います。また、仕方なく教師になった人がいても、教師の楽しさや達成感を味わえる授業方法を教えたいと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

お給料の話し,カンボジアと同じだね・・
教育に力を入れる以上,やっぱり,先生方のお給料を上げるって大事な政策だよね。優秀な人がみんな他の職業についていっちゃうね。。
そういう意味では,まだ日本はましなんだよね・・。

おかず,飽きてきちゃうよね笑
こっちも事情は同じだよ。
でもゴメン。任地は観光地なんで,すぐ隣は西洋パブみたいになってます。ってか通りにそんな店がたくさんあります。
自慢です。
でも,お金かかるから自分は行ったことないけどね。
がんちゃんと同じで,クマエの食堂で毎日ほぼ同じメニュー食べてます。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。