スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の欠席人数は?

2012年4月3日(火)

 ラオスの学校は日本と同じように毎朝出欠をとります。そして、写真のように、人数を書きます。一番上がクラスの全児童数、次が女子の人数、そして一番下が本日の欠席人数です。

2012_0328_145511-DSC02342.jpg

 学級によって違いますが、毎朝先生が一人一人名前を呼んでいきます。面白いのが、名前を呼んで返事をするのはみんな。先生が「○○さん」と呼んだら、みんなが「来てます」と言います。(ちなみにラオス語で「来てます」は「マー」というので、朝からみんな「マーマー」と言っています。ちょっとかわいいかも。)

 うちの学校は欠席者が少ないです。特別なことがない限り、欠席者は一クラス3人ほど。恵まれた環境にあります。よく休む理由は「病院に行った」「頭が痛かった」といったもののようです。そして、旅行という理由も多いと感じます。

 なんにしても、「学校が楽しい」と思って登校する児童が増えてほしいと思います。学校に来るのが楽しいと思えるような授業づくりを今後もしていきます。
 

掘った穴を使って・・・

2012年4月2日(月)

 今日から日本は新年度の始まり。昨年の今頃は6日から始まる大阪での研修とラオスへ行くための準備をしていました。仕事から解放された喜びと、旅立ちの少しの不安も感じながらも、新たな挑戦に新鮮な気持ちだったことを思い出します。
 その新鮮な気持ち、今も続いているのかな・・・

 さて、先々週に教育実習生や子どもたちが、雨水がたまる場所に土を埋めました。そのため、運動場の一部に縦1.5m、横5m、深さ30cmくらいの長方形の穴ができました。この穴を利用して、子どもたちは遊びを考えました。それは、走り幅跳び。
2012_0326_145132-DSC02323.jpg

2012_0326_145546-DSC02327.jpg 2012_0327_145340-DSC02339.jpg

 1.5mの長さは5年生が跳び越えるのにちょうどいい長さのようで、助走をつけて何人か挑戦していきます。跳べる子と跳べない子は半々くらい。でも、何回も挑戦していました。

 それを見た下級生、「ぼくたちも!」ということで、頑張りますが、無理無理。1年生や2年生が挑戦するから、結果は見えています。

 でも、みんなが順番を譲り合ってほのぼのとした雰囲気。学校には一輪車やフラフープ、竹馬といった遊び道具はないけど、子どもたちなりに考えて仲良く遊んでいます。
 
 ちょっと気分一転、しばらくブログ休みます。

活躍する男の子たち

2012年3月31日(土)

 昨日の掃除の話の続き。毎日の掃除では女子が大活躍。今日は男子が大活躍でした。
5年生の男の子たちの写真、何をしているかわかるかな~。

2012_0330_083039-DSC02381.jpg 2012_0330_083054-DSC02383.jpg

 上の写真はただ柵にのって遊んでいるわけではありません。最初自分も遊んでいるな~と思ったのですが、よく見ると、柵に絡まっている草を取っています。あっ、この子たちみんな赤い服なのはサッカーで遊んでから学校に来たらしいです。
 
 そして下の写真は、木登りをして、こちらも絡まった草をとっています。子どもたち、木登り、 むちゃくちゃうまいです。

2012_0330_083210-DSC02384.jpg 2012_0330_083311-DSC02387.jpg

ラオスの子たちって、勉強ができなくても、それぞれに活躍する場所があるようです。今日掃除で活躍していた子たちは、授業ではあまり目立たない子たち、今日は他にも力仕事がありましたが、そこでも活躍した子がいました。

勉強も掃除もスポーツも遊びも同じように大切であるという考え方があるのかなと感じました。日本は勉強ができないと将来困るというイメージがありますが、親の跡継ぎや狭い村社会で勉強ができないことが必ずしも不利にならないのかもしれません。 

環境が違うから考え方も違う。それを受け止めて、活動を進めていこうと思います。

今週も金曜日は朝から掃除

2012年3月30日(金)

 今日は午前から掃除。先週もそうだったよなぁ、勉強大丈夫かなぁと思いながら、子どもたちと一緒にゴミ拾い。先生たちもそれぞれ作業をしていました。

 職員室前では、旗に挿す棒を作成中。日本だとホームセンターで買いに行くかもしれないけど、ラオスでは木を「なた」で切って棒を作ります。やはり、日本って、商品が豊富なんだなと感じました。

2012_0330_081407-DSC02369.jpg 2012_0330_081428-DSC02370.jpg

 さてさて、今回の掃除も学校周辺の掃除です。今日は5年生についていきました。みんな不思議なくらい仲がよく、「ちょっとやりすぎだろ」と思う男同士のじゃれあいも、遊びの範囲内だし、おしゃべりをしながらも、みんなが楽しく一緒に動いてゴミ拾いをしていきます。

 気づいたら、自分と5年生の子が20人くらいで活動していました。すっかり担任気分。相変わらず子どもの話は半分も聞き取れないんだけど、なんか楽しく、ほのぼのとしていて幸せな気分になれました。よい子たちばかりで、生徒指導がいらないって、本当に楽です。

 そしてもう一つ思ったこと、ラオスの小学校はよくも悪くも時間にルーズ。ゴミ拾いも終わった時点で解散。だからと言って、子どもたちから「早く終わらせよう、めんどくさ~い」という雰囲気は0。時間を気にせず、のんびり作業をしていけるのもいいなと感じました。

2012_0330_082902-DSC02378.jpg 2012_0330_084918-DSC02388.jpg

日本にはない 朝の係活動

2012年3月27日(火)

 子どもたちは朝の係り活動があります。5年生は国旗や校舎の周りに咲く花への水やり、校門でのあいさつ係(あいさつはあまりしていないけど)、他学年は教室とその周りを掃除しています。

 そして、もう一つ大事な係り活動があります。それは、洗面器に水をくんで、教室にもってくること。ちなみに、学校には水道は一か所しかありません。ラオスでは各教室に水が必要なのです。

 2012_0329_092157-DSC02358.jpg
こうして、水の入った洗面器が教室や廊下に置かれます。飲むことはできません。

 理由はチョークを使用した後、手を洗うから。日本ではあまり考えられないかもしれませんが、子どもたちもチョークを使った後、白く汚れた手を洗いに行く子がいます。

 ラオスのチョークは日本のチョークより細いのですが、使いにくいことはないし、有害だという話も聞いたことはないのですがね。でも、黒板消が綿を入れた布なので、黒板を消すとき、チョークにまみれた布を手にするわけ。だから、手がしろくなってしまいます。
そうなると、やっぱり、手を洗いたくなります。

 1日に何度も使うので、午後には水が結構濁ってしまっているのですが、それは仕方ないのかもしれないです。あっ、自分は水は使わないで、手をたたいて終わりですが…

ロンドン橋

2012年3月17日(土)

 今日は朝9時~夕方3時くらいまで停電、さらに断水、そして、お昼過ぎには突風と雨。
なんとも不自由な一日でした。そんなときは、おとなしく読書に限ります。まぁラオス北部の町では3日間断水ということなので、まだ、いい方なんでしょうね。

 さて、昨日の続き、体育の見学。ちなみに、体育の授業では、先生方は最初は子どもたちの近くで指導、その後は職員室から、子どもたちの様子を眺めるといった感じ。終了時間も担任次第。長くても30分。だから、残りの時間は休み時間に等しい。日本とは違います。

 5年生の体育は、体操の後、ちょっとしたゲーム。これ、日本でもある「ロンドン橋」(だっけ?)ん~、体育というより、レクリエーション。そのあとには… みんなで歌を歌うんです。あれっ、音楽もセットになっていたのか~。
2012_0315_135030-DSC02242.jpg 2012_0315_135032-DSC02243.jpg
 自分の学校では、4年生ぐらいから、男子と女子が意識しあってお互いに距離を置くようになります。だから、体育も、活動では男子と女子に分かれます。仲はいいんですけど。

   2012_0315_134546-DSC02238.jpg
 学校には楽器がないので、歌うときは手拍子だけ。まぁ、それでも、よくもりあがっていました。

 毎週月曜日の朝に歌う国歌はとても声が小さく、パワーを奪われていくような歌声ですが、この日の歌声は、子どもたちも笑顔で楽しく歌っていました。なんだか、こちらも楽しくなってきました。
 そうこうしているうちに30分経過。あ~休み時間になりました。のんびり過ごす木曜日の午後です。

鬼ごっこ

2012年3月16日(金)

 木曜日午後のいつもの体育。まずは体操。これが終わると、各学年、クラスで活動する内容が違います。けれど、それは担任まかせ。3年生なんかは、体操をして終わり~。そしたら、子どもたちが寄ってきて「サッカーボール貸して!」と言いに来ます。

「はい、貸しません!」だって、他の学年まだ、体育の授業がんばっているし。

 ということで、今日は4,5年生の体育を見学。4年生は体操の後、ランニング、そして、最後は鬼ごっこをします。この鬼ごっこは写真の通り。
     2012_0315_135640-DSC02244.jpg
 写真の一番右の子がオニです。列を組んだ先頭の子が、後ろの子がタッチされないように、必死に守ります。

2012_0315_135651-DSC02246.jpg 2012_0315_135730-DSC02248.jpg

 一人の鬼がタッチをしようとしますが、列の先頭の子が両手を広げて仲間がタッチされないようにガードします。鬼が先頭の子以外の子をタッチできたら、鬼は交代。これ、結構体力がいるようです。列の先頭の子が動けば、後ろの子も離れないように必死に動かなくてはいけません。見ていてもたのしい遊びです。

 この遊び(運動)は先生方の研修で紹介されたようで、先生たちも体験したとか。「とても疲れた」といっていました。ほのぼのとした体育(遊び)。

 ただ、制服でやる体育、女子はシン(スカート)なので、大変です。

くっついた!!!

2012年3月15日(木)

 今日も黒板の話。「ラオスには磁石のつく黒板なんてない」と聞いていました。確かに目にする黒板は、木製。だから、教材を作ってもテープを使って貼ったり、ひもを付けて吊るしたりと、四苦八苦してきました。

 そして今日も授業。4年1組で画鋲と磁石を駆使した教材で授業をしていたとき、何気なく磁石を黒板に着けたら…「あっ、くっついた!!」

 びっくり仰天!授業中断、一人興奮! 子どもたち呆然。いやぁ~、宝くじを当てたときの喜びと同じです。

2011_1208_080425-DSC00622.jpg
 この黒板だけは特別な黒板。左上に、韓国製というシールが貼ってあります。

 4年1組の黒板だけは、韓国製の黒板で木製ではなくゴムでできた黒板です。罫線もついているので、とても使いやすいなと思っていました。でも、やっぱりゴム製だから…と思っていたのですが… どうやら、黒板の中に鉄が入っているようで、今までそれに気付かなかったのです。

 ということで、午後から4年1組の担任の先生と磁石黒板のよさを、磁石を使って教えてあげました。ラオスには磁石なんて売っていません。だから、磁石というものは知っていますが、ただ、「張り付ける」ということしかわかっていません。これからが楽しみです。


 この磁石がつく黒板は、韓国の支援で、いくつかの学校に寄贈されています。ただ、磁石がないことと、まだ数が少ないので、効果的な使用方法が広まっていないようです。

 まず、磁石の普及というところからですが、活動の幅が広がりそうです。

新しい黒板

2012年3月14日(水)

 先日、うちの学校に新しい黒板が設置されました。この黒板は日本の支援でタイから輸入した黒板です。タイと言えば、ラオスから見れば先進国。なんでも手に入る国というイメージです。

 さてさて、その黒板ですが、質はというと…これがいまいちの期待外れ。ラオスで作る黒板と同じで木製で消しても消してもチョークの跡が残る残念さ。本当にこれタイ製なの?と疑ってしまうほど。みんなで期待してしまったので、みんな設置される様子を見ながら「あ~、またこの黒板ね。」と笑顔はなし… あ~、苦しい。 

 もちろん、新品を寄贈してもらったので感謝はしていますが、先生たちの反応もいまいち、これが一番苦しい。みんなで期待してしまったので、みんな設置される様子を見ながら「あ~、またこの黒板ね。」と笑顔はなし… あ~、苦しい。 

 まぁ、それはいいとして、黒板の設置方法がなんとも斬新というか、残念というか、驚き。黒板9枚張り替えたのですが、最初の2枚は旧黒板を外して新品を設置していましたが、3枚目から「え~い 面倒だ」ということで、旧黒板の上から新品を釘で打ち付けるという豪快な設置方法になりました。

 いや~、旧黒板をリサイクルかと思ったら… 
2012_0315_143847-DSC02258.jpg 2012_0315_143834-DSC02257.jpg
 なかなかきれいに消えませんん(泣)。きれいだったのは最初だけ。チョークを置くために黒板の下についている板もついてないし… 右写真は、旧黒板に新黒板を打ち付けたもの。

 日本の黒板は、罫線が入っているし、何よりも磁石が使える優れもの。磁石型黒板があるおかげで、絵やカードも貼れて効率的。こういった設備面でも質のいい支援ができたらと思いました。

2012_0223_135006-DSC02098.jpg 2012_0315_143724-DSC02251.jpg
 黒板の写真を撮ろうとしたら、子どもたちが集まってきます。とにかく写真好きなんですね。特に1年生。

学校で宴会かな・・・

2012年3月7日(水)

 3連休2日目。明日は祝日「女性の日」ということでラオスでは前日に職場等で宴会をするらしい。そして、明日は女性同士で楽しく過ごすらしい。

ということで、うちの学校も午前中に宴会。ラオスで宴会と言えば、お酒・ビール、となって一日飲みまくるという一大行事、覚悟して行かねば… 

となるはずが、うちの学校、お酒は一切なし。おぉ~だれも飲まない。ここはイスラム圏でしょうか…そういえば、校長も好きな飲み物はコーヒーだった。だれも好んで飲まないんですね。 朝からひたすら魚焼いてました。

 お酒がないけど、食事中に水もない。あ~、ここはラオス。食事の後に水を飲むのがラオス。辛い料理を食べても水はなし。ここはラオス。でも日本人だから、持ってきたペットボトルの水を飲んじゃえ~。まぁ、マナー違反ではないので水は飲んでもOKです。

 宴会と言えば、次は大音量のカラオケのはず… そして、踊れや歌えの大騒ぎ。近所迷惑も関係なし。のはずが… 食べて終わり。わ~、うちの学校質素やなぁ。みんな仲がいいんやけど、8時くらいから始まった宴会は午前10時半ごろには終了~。

 飲めない、ラオス語の歌を歌えない自分にとっては、これくらいがちょうどいいわ~。(もちろん、先生方と一緒にいるのは結構楽しいんだけどね。)

 あっ、今日来るはずだったカメラを貸した先生、来ませんでした… 明日は休み。あ~、カメラ返して~。ということで、せっかくの宴会の風景の写真はなし。痛~。
プロフィール

ganchan

Author:ganchan
2年間ほどラオスで自分磨きしてきました。楽しかったこと、驚いたこと、大変だったこといろいろありましたが、きっと成長して帰国できたと思います。ラオスで毎日ブログを書くことはできませんでしたので、気が向いたときに少しづつ思い出して書き加えていきます。
 ラオスの話と近隣諸国の「癒し旅行」と合わせて。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ラオス生活
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。